21世紀の縄文人を目指す男の記録


by jhomonjin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:サバイバル( 12 )

中古車屋から耳寄りな情報が入ったのは二年前。
廃車から外したシートベルトの意外な使い道だ。
シートベルトは丈夫なので、スタックした車両の脱出時の牽引用に長宝するというのだ。
そこでいざという時のために端材を7m分ほど只で分けてもらった。

普段は愛車である軽トラの座席後部の隙間に積んであるが、3mと4mに切ってそれぞれ輪にしてある。かなり狭いスペースだが、柔らかい素材なので隙間に馴染んで嵩張ったりはしない。

輪になっている方が何かと便利だし、「一重継ぎ」という結び方で輪にしてあるので、結び目にシノでも差し入れて解せば簡単にばらせる。(注;無くてもばらせる)

シノは土方が番線を結束させる時・・・巻き締める・・・に使う道具だ。
冗談抜きに、闇討ちでシノで腹を刺された土建屋の親方を知っている。
余程、恨みを買っていたんだろう。
だから護身用にもなるし、簡易なハンマーとしても使える。
電動ドリルを持っていない土方が、シノをハンマーで叩いてベニアを貫通させた現場を目撃したこともある。現場の人は逞しい。

f0225473_2034677.jpg
シノ単体よりも根元が17-19サイズのラチェットレンチになったタイプが単管クランプにも使えて多機能。小型で先端が曲がったタイプの方が硬く結ばれたロープ類をほぐす時に使い易い。シノも多機能な骨太サバイバルグッズ。

シートベルトは牽引以外にも、重量物運搬にも使える。
俺は「日本海縄文カヌープロジェクト」という、縄文時代の丸木舟で新潟から青森まで航海するという市民活動をしている。
例えば重量200キロ弱の縄文カヌーを人力移動する時。
丸木舟の前後二箇所で、輪になったシートベルトを潜らせ、片方の輪の中にもう片方の輪を入れて上に出す。
出した輪の方に長さ1.5mの単管パイプ(3mものを切断したため)を通せば、男四人で神輿のように移動可能になる。
ロープよりしっかりと締まるし、幅が広いので手で引張っても痛くなり難い。

この時に重要なのは、移動物の大きさと持ち手の体格に合わせて、出た方の輪を適切に縮めること。
運搬距離と足場の状況、運搬物の形状、運搬者の体力にもよるが、一人当たり50キロ前後の加重負担が人力運搬可能な目安だろう。
f0225473_22135845.jpg
普段から車載工具にしている輪にしたシートベルト。輪にする方法は本結び、テグス結びがあるが、もやい結びの変形である一重継ぎがベストだろう。絶対にほどけたく無いなら二重継ぎ。クルクル巻いて置けばコンパクト

重機で吊上げる時には、スリングという専用吊具を使うが無論こちらがずっと丈夫だ。
しかしスリングは高価だし、嵩張るし、用途が限られてしまう。
その点、シートベルトは多用途でコンパクト収納可能だから、常備すべきサバイバルグッズとしてイチオシなのだ。

満タンにしたポリタンは20キロ。
給水場から仮設住居まで2キロ歩くとしたらどうするだろう?
我慢して手で持つか?
俺ならシートベルトを使って背中に背負う。
ロープワークの知識と知恵さえあればバックパックみたいに担げるのではないだろうか?
こんな時はロープより肩に食い込まず、断然と使える。
しかし待てよ・・・この場合はアイヌの背負子式に、ポリタンの取っ手部分で結んで、おでこに輪をかけた方が楽か?・・・。
命綱にする時も、こっちのほうが具合が良さそうだ。
子供のおんぶ紐にだってなる。
低温でも濡れても硬くならない点も嬉しい。
・身近な所で廃材として只か、只同然で入手可能
・コンパクトに収納可能
・用途によって変化自在な活用法
柔軟なのに骨太なサバイバル用品の優等生。
シートベルトは一器多用のお手本だ。
[PR]
by jhomonjin | 2012-07-08 22:06 | サバイバル | Comments(0)
縄文キッズ養成講座「震災の日に縄文の火起こしを学ぶ」で5,500円の寄付金が集まった。
小額といえども浄財だ。
被災者に直接役に立って欲しいから、長年の盟友である山田征さんに送金した。
彼女は草の根運動の草分け的存在として40年近くボランティア活動を地道に行っており、ホームレスの自立厚生支援、フィリピン少数民族の支援、環境問題提起とその活動は多岐に渡っている。
活動の財源は彼女自身の講演会や著作、支援者の寄付金などで賄っている。
その活動は自他共に認める「ひとりNGO」で、それは組織化による運営資金発生の問題や管理業務の煩雑さに縛られたくないという征さんの哲学によるものらしい。
あるNGO団体では、集まった寄付金の六割が職員の給料や組織運営費になっているそうだ。
f0225473_21534917.jpg
電気のないラオスの村では、焚火がテレビの代わりをしていた。のんびりと焚火を囲んでタバコを燻らす。タバコの葉も竹製のパイプも自家製。少ない薪で長時間の焚火を上手にしていた。


今回の義援金は、征さんの盟友である歌手の南こうせつさんの縁で知遇を得た、福島県双葉町の被災者に渡して貰えることになった。
双葉町は福島第一原発のある町だそうで、住民は役場ごと埼玉県加須市に避難しており、今でも寒い体育館で集団生活をしているようだ。
双葉町の町長は、地域活性化を原発に委ねてきたことの責任の重さをで痛感して、今は町民の生活環境改善のために獅子奮迅の活動をされているらしい。
f0225473_21582441.jpg
ガスがなくたって、炊飯器や鍋がなくたって竹筒でご飯を炊いちゃうタイの人。ビニール袋に入れた米でさえ焚火で焚いちゃうのである。東南アジアの人達なら震災の時でも逞しく生抜いていけるだろう。俺たちも負けずに原始力復興しようぜ。

この件で電話で征さんと話していたら、驚くことに彼女が事務所にしている三鷹市の「ヤドカリハウス」は去年の10月下旬から電気を止められているのだという。
(ヤドカリハウスはレトロなダイヤル式電話なので、これは電気がなくても使えるらしい。)
何も電気料金を滞納しているわけでなく、昨年春から電気料金に上乗せされている「太陽光発電促進付加金」分の支払い拒否をしていたからだ。
この付加金の存在を知っている国民が一体どれだけいるか?
ほとんどの人は電気料金の領収書明細なんか見ないだろう。

太陽光発電の余剰電力を電気会社が買い取る制度があるのは誰でも知っていると思う。
だけどその電力会社が買い取った筈の電気料金を「太陽光発電促進付加金」という名目で、電気料金に上乗せして国民が支払うっていう制度がそれだ。
嘘だと思ったら電気料金の明細を見て欲しい。
俺も初めて聞いた時に我が耳を疑ったし、そんなインチキあるかっ!て憤った。
金額は20円くらいだけど、彼女は太陽発電余剰分の電力を電気会社が買い取ったのだから、その分の電気料金が安くならなきゃおかしいし、よりによってその「買い取った」筈の電気を国民が負担しなきゃ駄目、という論理に納得できないとしてその分の電気料金支払いを拒否しているのだ。

既に電気のない暮らしは6ヶ月目に入ったという。
冷蔵庫は元からないし、テレビとも無縁な生活をしていたから不便なのは灯りとFAXが使えないことくらいみたいだ。
因みに夜は和蝋燭と蜜蝋蝋燭の灯りだそうだ。
現代の東京で、堂々と電気なしの生活を実践しているのだ。
勇気があるなぁ、と思う。
[PR]
by jhomonjin | 2012-03-17 21:40 | サバイバル | Comments(0)
ちょっと前に東日本大震災の後方支援としてサバイバルの特集をしたら、俺のブログとしてはびっくりするくらい多くの反響があったようだ。

ついでに俺の縄文や民俗学、実践的生活技術の師匠である和光大学の関根秀樹先生にもサバイバルグッズをメールで問合せたら、流石に面白かった。
関根先生は知らないという言葉を知らないのではないか?という位にどんな事でも造詣が深いのだけど、それらは知識だけに終わらせず、実際に何でも体験してしまう知的好奇心と行動力が物凄いのである。
俺一人だけで読むのは勿体無いので、先生に断ってここに転載させて貰うことにした。
これだけ面白くて為になる情報を持っていらっしゃるのだから、ブログは開設しないのですか?と聞いたら、多くの人から勧められているけど、忙しいから無理なんだという。
興味のある人は、ネットで関根先生の一般人対象の講座を受講するか、著作を漁ってみて欲しい。
雑誌ではアウトドア雑誌の『BE-PAL』、『ナイフマガジン』でライターをしているので要チェック。
または和光大学か多摩大学など、関根先生が教鞭を執っていらっしゃる大学に入学するかだ。
因みに関根先生は、日本海縄文カヌープロジェクトの顧問だ。

f0225473_21424310.jpg
大麦
内容には関係ないけど、秋に自然農法の小さな田んぼに蒔いておいた大麦が、やっと穂を出した。糸魚川海岸部では来週くらいから田植えが始まるけど、俺の田んぼは麦が大きくなるのを待つので、六月になると思う。

以下は関根先生のメールを読みやすく段落毎に編集した文章です。
関根先生の文章は切れがあって読みやすいのだけど、どういう訳だかメール文章だけは改行が無いから、文節毎の改行もしたが、文章自体には一切の手は加えていません。

関根先生の究極のサバイバルグッズ
ぼくのサバイバルギアはまず鉈。
これは六:四の割り込みで両刃と片刃の中間です。
ナイフはいつも何丁かは持っています。あと穴掘り用のポリカーボ ネート製のクナイ。
もちろん両側を切り落として細身にしたスコップもありますが、これはいつも持ち歩くわけにはいきません。
ほかにデイパックに 入っているのは、登山用の頑丈な6ミリロープ。

f0225473_21473250.jpg
4月29日時点
これも文章には関係無いが、縄文カヌーの船尾だ。船首と船尾は丸木舟らしく丸くしたかったが、先細りの丸太だった為に沖縄のサバニの様にしないと海では使えないとの判断で、縄文カヌーらしくない船型だ。

関根先生の灯りと着火具
発火具は小型の弓ギリ以外に火打石とサバイバルマッチ数種、普通のマッチとスライド式の100円ラ イターも2~3個、防水パッケージして入っています。
明かりはナショナル(パナソニック)のヘッドランプと、高輝度LEDの小型懐中電灯。
仏具屋 で買った墓参り用の風に強い太芯の蝋燭、キャンプにはスイス陸軍のガラスでなく雲母のはまった古い折りたたみキャンドルランタンを持って行きま す。
普通のガラスがはまったやつでも、鉱物標本店で買ったインド産の透明な雲母と取り替えてしまえば軽く丈夫になります。 
あと、使い捨てです が、サイリュームというプラスチックパイプに封入したガラス管の反応液をポキッと折って使う化学発光式のやつも、長期でなければかさばらなく軽 く、熱も出さないので便利です。

関根先生のサバイバルウエアー
ゴアテックスは内張りなので、問題は外側の素材だと思います。薄手のナイロンはすぐに火の粉で穴が空きます。
耐火難燃素材の上着はアウトドア用で は見あたらないので、今のところ60/40のようなタフな強撚糸素材がまあなんとか及第点でしょうか。いま使っているのは、一昨年たまたま見つけ たタラスブルバのゴアテックスで、表面は木綿と化繊混紡の丈夫なやつです。
着衣火災は木綿100%の薄手の起毛素材や弱撚糸素材(つまりやわらかくて肌触りがいい)が一番多く、それもオーバーサイズで身体との間に空気層 がたっぷりあるブカブカのはあっという間に燃え広がります。
この場合、地面に転がって消すのが一番です。
それと、厚手の作業用革手袋と、綿 100%の軍手、あるいはレスキューや消防が使う耐熱作業用手袋(A&Tグローブスタジオの耐熱救助用bio631)は重宝しています。

f0225473_21521069.jpg
船首
出土している縄文カヌーは葉巻を半分にしただけの船型だが、先細りの丸太だと船首が低くなって波に突っ込んでしまう恐れがある。だから船首は高くした。凌波性というのだけど、波を掻き分ける船型にしたいのだ。
[PR]
by jhomonjin | 2011-04-29 21:08 | サバイバル | Comments(0)
四月四日にチェンマイ在住の友人一家がやって来た。
膝のキズがまだ痛むので、右足を引きずりながら寺地遺跡と親不知を案内して、実家で郷土料理でもてなす。
f0225473_19175337.jpg
寺地遺跡
竪穴住居が一棟だけ復元されている。チェンマイの友人は日本女性の整体仲間だ。
ご主人はタイ人のジュエリー職人さん。奇しくも三千年のこの家に住んでいた人も同業者の翡翠の工芸家さんだ。



寺地遺跡は国指定の縄文時代後期(四千年~三千年前)の遺跡で、翡翠の工房跡を含む住居跡である。
この遺跡には国内で最初の四本の木柱と、環状配石がある。
発掘されたばかりの頃は、諏訪大社の御柱の原型だと騒がれたが、三内丸山遺跡でもっと巨大な六本柱が発掘されて今では影が薄くなった。
スピリチュア系の人の中には寺地遺跡を聖地だと思って遠くからお参りにくる人もいて、友人の紹介で案内した事があるが、小さくて地味な遺跡だ。

有難い事に、彼女は俺が作り溜めていた木工品を沢山買ってくれて、びっくりする程の金額を渡してくれた。
売り物としてではなく手間暇かけて実験的に作った木工品なので、値段を聞かれても答えようが無い。
納得できる金額を支払ってくれと言ったら、予想した値の二倍のお金を出してくれた。
チェーンソウ購入で大きな出費をした後だけに助かる。
f0225473_19182172.jpg
親不知
親不知は作家の水上勉が日本で一番美しい景色と評した富山県の県境にある断崖絶壁だ。
糸魚川の河原や海岸には翡翠を始めとした珍しい鉱物が沢山落ちているので、鉱物マニアの中には聖地だという人もいる。

友人のポスポス大谷という口琴ミュージシャンは神奈川県藤沢市出身だが、車の運転免許は糸魚川の教習所の合宿で取得したそうだ。
何でまた糸魚川まで行って免許なんだ?と聞いたら、「だって糸魚川は聖地じゃないですかぁ!」
と答えた。
奴は鉱物マニアなのだ。
俺が糸魚川出身だというと「凄ぇぇ!、糸魚川の人なの!!」と言われて、俺は初めて鉱物マニアの間では糸魚川を聖地扱いする人がいるのを知った。
糸魚川が聖地なら、もっと偉い人が輩出しても良さそうなもんだが・・・。

翌朝友人一家と別れのコーヒーを飲んでから小滝へカヌー作りに向う。
f0225473_19334717.jpg
四月五日時点
樹皮剥きが八割がた終わった所。針葉樹でも杉と違って松科のトウヒは樹皮が堅くて厚いから剥くのも簡単ではないが、バールを縦方向ではなく横方向に差入れるとサクサクと樹皮は剥けていく事を発見した。

まだ右膝が痛むが、天気が良かったので昼飯の後に膝の絆創膏をとって太陽に曝して昼寝した。
傷口はまだ深くて赤いままだが、一日でだいぶ小さくなっていた。
一切の消毒や塗り薬などの手当てなしで、整体の愉氣をして絆創膏で保護しただけだ。
本当は絆創膏無しで大気に暴露させていたかったが、カヌー作りがあるので絆創膏で保護をした。
化膿はしていない。

温かい春の陽光とそよ風が気持ちいい。
膝にジンワリとお日様が優しく染み込んでいく。
昼休みが終わって再び絆創膏を貼ったが、たった四十分程で随分と傷口が乾いて小さくなっていた。
立ってみると膝はほとんど作業にも歩くにも支障が無いほどに痛くない。
信じられない回復に思わず笑ってしまう。
やっぱお日様って凄い。
最近では太陽光を紫外線の害などで目の仇のように避ける人がいるが、知らない間に随分と恩恵を受けていたのだな、とシミジミと実感する。
f0225473_19395186.jpg
年輪
年輪は五十一本あった。上になっている方を船底に決めた。縦の中心線は地面に対して垂直の仮の中心。丸太には軟らかくて白い白太と、堅くて色の濃い赤味があって、白太は辺材といって利用しないのだ。

多分、病院に行けば二~三針は縫われたであろう全治何週間かの傷が、怪我の二日目にたった膝を四十分間日光浴させただけで痛くなくなったのだ。

俺のサバイバルポシェットには各種サイズの絆創膏を入れてあるが、普段から用心に持ち歩く医療品はこれくらいで充分ではないだろうか。
今回の怪我でその事を実感した。
お日様やそよ風は最高の消毒薬、鎮痛剤だ。
怪我の教訓
・大怪我をしたら慌てない事。
・傷の汚れは水洗いや口で吸って綺麗にする。
 私見だが、オキシフルなどで消毒すると雑菌だけでなく、常在菌も殺してしまうのではないだろう か? 医薬品で消毒をすると菌類の生態系が崩れて、かえって不健全になるような気がする。
・絆創膏や手拭い(ハンカチやバンダナよりやっぱり日本手拭いは便利だ)で傷を圧迫止血と保護を して、落ち着ける環境まで避難できれば折を見て傷口を日光浴する事。

整体では骨折した時に局部が腫れるのは、天然のギブスであるからボール紙で局部を包んで割り箸で添木する程度で良いと教わるが、実践するにはちょっと勇気がいる。

でも腹が痛かったら、誰でも自然と掌を腹に当てるだろう。
これぞ手当てだ。
遠赤外線効果だの、氣の流れだの、温熱効果だのと四の五のと分析するより、まず手を当てれば良いのだ。
救急用品として包帯や晒木綿の用意はあったほうが良いと思うが、色々な薬品を揃えるよりは、傷口に陽光や風を当てたり、痛む処に掌を当てたりといった原始的な手当て方法が自然と出来たほうがいいに決まっている。
f0225473_1949360.jpg
四月八日時点
まずは四角い柱を削りだす。チェーンソウの調子が悪いので、グランフォース・バックスの斧でザックザックと削ってここまでにした。チェーンソウ作業は労働だが、斧でのハツリ作業は遊びに近い。ハマると延々とやり続けてしまう。

糸魚川は鉱物資源が豊富だと書いたが、江戸時代には温石(オンジャク)が名産だったようだ。
温石とは蓄熱しやすい石を囲炉裏の灰の中で温め、和紙に包んで痛む局部に当てる手当て法だ。
小型の表札程の大きさに加工した、レンガ色の石である。
これなんか湯たんぽやペットボトルでも代用できるだろう。

サバイバルグッズで書いてきたが、用意すべきモノは道具よりも工夫する知恵だと思う。
用意しておいた医薬品が足りなくなった、想定外の医療品が必要になったという時に、途方に暮れない為の知恵が必要だと思うのだ。

例えば頭痛には梅干の皮をコメカミに貼る。
ヨモギをカラカラに乾燥させてから手で揉めば、モグサが出来る。モグサがあればお灸が可能だ。
避難所生活でお灸をすれば、人に喜ばれて生甲斐になる。
ヨモギは生葉でも止血や消毒、沈静作用がある。
因みにこれはみんな、ばあちゃんから習った。
[PR]
by jhomonjin | 2011-04-06 21:23 | サバイバル | Comments(0)
阪神淡路大震災の時に、古武術研究家の甲野先生が復旧ボランティアに行って、倒壊家屋の廃材と鉈があるのに、避難所で誰も薪を作って焚火をする人がいなかった、と前に書いた。
テレビで東北の被災地を観ていたら、オジサン達がドラム缶で焚火をしている場面が映っていて、流石だな、と思った。
鉈が無かったら足で材木を踏み折ったりもできるが、こんな逞しさを持った日本人がどれだけいるのだろう。
f0225473_23552876.jpg
焚火犬
ラオス北部のアカ族の焚火。この写真の焚火法は違うが、東南アジアでは焚き木を放射状に組んで先端が燃えるとその分だけ出すという焚火が多い。少ない焚き木で済む効率的な焚火法。

炊き付けの古新聞が無くたって、落ち葉を集めたり、ちょっと危険だけどガソリンをぶっ掛けててでも火は起きる。
あるものをフルに活用すればいいだけだ。
ガソリンを危険じゃない度合いをちゃんと理解して扱えれば、これはこれで恰好いい。
色んな経験を積んで、どんな時でも頼りになる大人を間近にして育った子供は幸せだ。

しかし焚火が起きた所で、やたらと焚き木をくべて無駄に炎を大きくする日本人は多い。
そんな焚火をみると傲慢だな、と感じてしまう。
日本でも山間部のお年寄り達は上手に焚火をする。
上手な焚火とは、必要最小限の薪で、用途別に自在に炎を操れるという事だ。
焚き木として適切な樹種を使い分けて余分な煙を出さず、無駄に炎を大きくしない焚火は美しい。
暖をとるためなのか、料理をするためなのかで、焚き木の組み方やくべ方を変えるのが本当だ。
f0225473_23595439.jpg
焚火猫
ラオス北部のランタン族の焚火。犬も猫も焚き木を枕に昼寝するのがラオス流の焚火。焚火のある処はゆったりした時間が流れている。寝過ぎて頭を焼くなよぅ、と日本語で言ったら、ニャンダ?とこっちを見た所。

焚火は愉しい。じいっと見入ってしまう。
東アフリカのスワヒリ語では、じっと焚火に見入ってしまう事を『アナ・ポト・モトス』・・・火を夢見る・・・というのだそうだ。
人種が違っても焚火への想いは共通するらしい。

俺が東京に住んでいる頃、大阪の青年が俺を頼って上京して来た。
彼は反原発運動をしていて、東京での仕事とアパートが見つかるまで居候させてくれというのだ。
数週間後にアパートを見つけて引越しして行ったが、しばらくたってから様子を見にいってみた。
冬の寒い時期だったが、彼はアパートに備え付けられたエアコンで暑いくらいに暖房を付けて、半袖のシャツと半ズボンの恰好で部屋にいた。
二部屋あった部屋の全ての電気が付けられていて、パソコンも常時起動したままだ。
彼が口から泡を吹いて反原発を訴えても、俺は耳を貸さない。
不必要にでかい焚火を観た時と同じ傲慢さを感じるのだ。
f0225473_04384.jpg
焚火猫の家族
山奥の少数民族だが、右端のご婦人は実に気品のある人だった。若い頃は美人だったに違い無い。あんまり居心地が良かったので、翌日お菓子を沢山買ってもう一度遊びに行った。典型的な放射型焚き火法。


彼は都会生まれなので仕方ないのかも知れないが、エアコンの様に火が見えない暖房設備に囲まれて育つと、人間の原始力は衰退していくのではないか?と思う。
仕組みが解らない生活道具、特に電気が動力の道具は、燃料が減っていくのが判らないので、動力は水や空気のように無尽蔵だと錯覚し易いのではないだろうか。
家電製品の節電にひとつアイデアがある。
見えやすい所に、電気料金を表示するのだ。現時点で今月の累計電気料金四千円なんてである。
それか電気料金をプリペイド式にするのだ。

小津安次郎の映画を観ると、昭和三十年代の男達は酒場でもコートを着たまま酒を飲んでいる。
ちょっと前まで、冬は部屋の中にいても寒いものだったのだ。
寒くて眠れなかったら、湯たんぽを布団に入れる工夫をすればいい。
身を縮めて、温かい春をひたすら待てばいいのだ。
『春よ来い』という童謡が身に沁みるだろう。
梅の蕾で春が間近であることを知り、桜が咲いて春の到来に喜び、鶯の鳴き声に歓喜するだろう。

熱帯夜に暑くて寝られなかったら、夏ってそういうもんなんだと観念したほうがいいと思う。
水枕を使ったり、風鈴を吊るしたりして、情緒的にも涼む工夫をして、涼しい秋を心待ちにしよう。
f0225473_0131441.jpg
オヤヂ達の焚火
ラオスのおとっつぁん達も焚火が好きだ。焚火のあるところが社交場。竹筒を持っているおとっつぁんは、水パイプを吸っている所だ。直接口を付けないので回し飲みする。ちゃんと仕事しろいっ!

春夏秋冬に応じた在りのままの昔の生活を、不便な生活として捉えるのではなく、風流な生活と捉えて四季折々の俳句でも作ればいいのだ。

日本国中でサマータイムを導入して、夏だけ昼休み二時間にして昼寝しよう。
夏の小田急線は地獄のように寒い。山の手線も寒い。
外を汗だくになって歩いて小田急線に入ると、俺は必ずウインドブレーカーを着る。
それでも寒い。まったく無駄だし傲慢だ。
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-31 22:59 | サバイバル | Comments(0)
サバイバル時には歯磨きをどうするのか?というコメントが寄せられたので、お答えします。
漁師の叔父は指に塩を付けて歯を磨いてましたが、虫歯が一本も無い事が自慢でした。

江戸時代には房楊枝という歯ブラシがあったようです。
写真の房楊枝は縄文の師匠である和光大学の関根秀樹先生が,町田市の青空骨董市で買って、私のインド土産のニームと交換してくれた実物です。
ニームとはインドの房楊枝です。

かわ柳の枝の先端を金槌で叩いて潰して、針で出来た櫛でしごいてフサフサを作るのだそうです。
フサフサの方で歯を磨いて、尖った方で舌苔をしごいて口臭予防までしていたそうです。
落語の『明け烏』には、房楊枝を使う場面が出てきます。
f0225473_21354234.jpg
房楊枝
中央が日本の房楊枝。下がインドのニーム。上は関係ないけどバンコクで買ったアイマスクで、耳栓とアイマスクは普段から持ち歩いている。ひ弱なジャパニにとっては何所でも安眠する為のサバイバルグッズだ。

今でもインドでは、少数派ですがニームを使っている人がいます。
ニームは柑橘類の枝で、使い方は日本の房楊枝と同じですが、インド人の青年は歯でガシガシと噛んでフサフサを作っていました。
真似たらとても堅くて、噛みしごくなんて出来ませんでしたが。
ニームはアーユルベーディックの古文書に紹介されており、かなり古い歴史があるそうです。
写真の実物は、南インドの雑貨屋で買ったものです。

また普通の爪楊枝も歯の掃除には多少なりとも良いでしょう。
高校生の頃に読んだ片岡義男のエッセイに、米軍放出品のレーション(携行食品)の中に歯の掃除用の爪楊枝が入っていた、と出ていました。
レーションには一食分の食事の他、デザートや嗜好品、トイレットペーパーと爪楊枝などもセットされていて、食事後には爪楊枝を歯間に差入れて磨け、と説明書(もちろん英語)に記載されていたそうです。
うる覚えですが、形は羊羹を食べる時のような小刀型で、黄色い薬品が塗られており、楊枝の厚みがかなりあるので、歯間に差入れるのは無理だ、と書かれていたように記憶しています。

いざという時の歯磨きには、公園の枝でも折って房楊枝や米軍型の小刀爪楊枝を作ってみてはどうでしょう。
小枝の先端を石やナイフの柄尻で叩き潰してから、釘先などで繊維を縦方向に丁寧に割いていけば、フサフサが作れそうです。
小刀爪楊枝なら、ナイフで簡単に作れるでしょう。

石鹸代わりには泥や砂が使えると思いますが、被災地の泥や砂は汚染物質混入の可能性もあるかも知れません。
ムクロジという植物の果肉には、サポニンが含まれていて水で揉み解すと泡が立ちます。
昔は石鹸代わりに荒物屋(雑貨屋の事。死語ですね)で売っていたらしいのです。
落語には美人を表現する時に、『色が白いって、どれだけ白いかってぇと、木賊で磨いてムクの実で洗ったよう・・・』という常套句があります。
木賊(トクサ)とは植物の茎で作った昔の紙ヤスリです。使った事は無いですが、今の紙ヤスリでいうと、800〰1000番くらいの粒度であったようです。
また『茶の湯』という落語には、黄粉で色付けしてムクの実で泡立てた抹茶モドキを飲んで下痢し続けるご隠居さんが主人公です。
首都圏では公園に植樹されている事もありますし、確か東京都埋蔵文化財センターの縄文村にも生えていました。
因みにムクの果肉に入った黒い実は、羽子板の羽根の球や、数珠球に利用されています。

米の研ぎ汁だってシャンプー代わりにしている知人がいますし、小糠を木綿袋に入れた「糠袋」で体を擦ると肌がツルツルになります。
だから石鹸が無くたって不潔になるなんて事はないのです。
私は整体を勉強し始めてから十年は経ちますが、それ以降は石鹸もシャンプーも使っていません。それでも体臭などで人から何か言われた事はありません。
逆に乾燥肌が丈夫になってきました。

東北の災害地では紙おむつや生理用品が無くて困っているようです。
実物を見た事は無いですが、昔の生理用品は越中褌状の『生理帯』という物があったそうで、今でもエコロジーの観点から愛用している女性がいるようです。

サバイバル用品を揃えるよりも、本当は昭和30年代以前の暮らしの技術や知恵を学んだほうが、いざという時には役立つ、というのが私の持論です。
あるいは東南アジアなどで今も残っているちょっと昔の生活スタイルなど。

だから私は六十代以上の現場の人(職人に限らず、農家や漁師なども)の体験談には興味が尽きません。
電動工具の無い時代に徒弟制度で修行してきた最後の日本人です。
例えば昔は巨大な柱や梁をクレーン無しでどうやって移動していたのか?という質問をした時の答えに目からウロコが落ちました。
専門的な難しい話だし、長くなるから紹介しませんが、便利な機械が無くたって工夫次第で不可能を可能にしてしまう人間の底力に感動しました。


優れた現場の人には独特な現場勘があります。
それは経験によって培われた予測と工夫の知恵です。
流れを読んで何を最優先させるべきか、不可能な理由を挙げたてて諦めるよりは、不可能を可能にするにはどんな工夫が必要なのか?と簡単に諦めないのです。
こんな人達なら、津波や家屋倒壊といった突然のアクシデントさえ避けられれば、サバイバルグッズが無くても生き延びるでしょう。

これからは原子力より原始力を見直しましょう。
遊びにいくなら東京デズニーランドの様な、工夫や体力もいらず、スリルや安全もあなた任せでお金で買える遊びは小さな子供達やお年寄りに任せて、若者は野山や海で遊びましょう。
アウトドアの遊びではスリルと危険は隣合せで全て自己責任です。
遊びながら原始力が飛躍的に高まる筈です。

首都圏の人なら、関根秀樹先生のワークショップに参加されたらどうでしょう?
先生は各地で焚火や古代の火お越し術、手作り民族楽器などのワークショップの講師をされています。
関根先生のどの講座に出ても、講座の後にお茶やご飯に誘えば、色々な話をして頂ける可能性があるかもしれません。
但し、親しい仲にも礼儀ありで、貴重な話しを只で聞こうなんて了見では社会人失格です。
先生は大らかな方なので何も仰りませんが、そんな礼節を弁えない社会人が実に多いのです。
そんな場合には誘った側や話を聞きたい側がちゃんと料金を持つのが常識です。
研究室に訪ねるにしても、手土産くらいは持って行って下さい。(先生は甘党です)
f0225473_226484.jpg
火越し道具
上段左はダケカンバの樹皮で焚き付けに最高だ。盆時期の信州では迎え火用にコンビニでも売っている。右はラオスで買った火打石セット。下段4点は弓錐式火越し道具セット。挑戦したい人は関根先生の本を買ってくれい!

市販されているサバイバル術の本に書かれている内容は、実体験に基づかない孫引きや引用が多く、実用にならない知識が結構あります。
試しに図書館に行ってサバイバル本を読んでみて下さい。
曰く、無人島で道に迷ったら、切り株を探して年輪が詰った方が北だ、なんて書かれています。
一体、無人島に切り株がありますか?
平原の一本樹なら年輪の詰った方が北というのは納得できますが、斜面に生えている樹や込み合った森の中ではそんなに簡単ではありません。
f0225473_215431.jpg
炊きつけ
ダケカンバの樹皮の代用品は簡単に作れる。鋸のおが屑を蓋付きの空き缶に入れて石油を染み込ませるだけだ。鉋屑は駄目で細かい鋸屑がいい。左が竹の鋸屑だけ、右が石油を染み込ませた同じ物。小匙一杯で十秒位燃えた。

外国の特殊部隊用のサバイバル本だって同じです。
火越しの方法が紹介されていても、絶対に不可能な事が平気で紹介されています。
衛星放送のディスカバリーチャンネルで、人気サバイバル番組を観ましたが、アメリカ人のサバイバルマンは、錐揉み式火越しで三十分で火が起きるなんて平気で言ってました。
番組では実際に火が起きていましたが、多分火薬を使って誤魔化していたのでしょう。
錐揉み式なら練習次第で初心者でも30秒もあれば火は起きますし、一人で1分以上も錐揉みを続けると腕に力が入らなくなるのが普通です。

そこへいくと関根先生の話は全て体験に裏打ちされ、工夫に工夫を重ねた本物です。
最後に関根先生から焚火のアドバイスがありました。
先生は焚火の達人で、日本焚火学会だか国際焚火学会だかの顧問までされています。

『被災地でのサバイバルの件、炊き出しや暖をとるのに火を焚く場合、絹や羊毛の服やポリアミド(ナイロンなど)、ポリウレタンなどは燃やすと不完全 燃焼で大量の一酸化炭素と青酸ガスを発生します。また、マツ材は大量のススや煙を出し、立ち消えもしやすい上、スギ材の17倍近い一酸化炭素を出 します。煙を吸い込まないように、換気の悪い場所では絶対に焚かないように、ブログでお伝えください   関根秀樹』
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-22 23:26 | サバイバル | Comments(3)
f0225473_20393253.jpg

俺は普段からポリタンクに水を満水にして車庫に置いている。
口まで満水にして日陰に置くと水はかなり長持ちする。
半年に一度は水を入替えているが、水は腐っていない。
しかしキャンプ用には折りたたみ式のタンクを使っている。空の時には小さくなるから便利だ。
写真のタンクは購入してから二十年は経っているが、長持ちしている。

水筒は普段から持ち歩いている。
嵩張るが、使い捨て商品は極力買いたくないから、清涼飲料水は滅多に飲まないのだ。
この水筒はフランスのグランテトラという登山用で、アルミ製だから水を入れれば冷えて水枕代わりになるし、お湯を入れれば湯たんぽにもなって便利だ。
円筒形ではなく、潰れた氷嚢の様な形状なので、枕にちょうど具合がいい。
口が昔ながらの口金式で、慣れれば車を運転していても片で手開け閉め可能だし、バックに放り込んでおいても口が緩んで水をこぼしてしまう失敗は一度も無い。
恰好いいので売ってくれとよく言われるが、二十年以上も何時も一緒に連れて歩いているパートナーだからそりゃ無理だ。残念ながら廃盤品になっている。
口金式でなくても、回転式蓋の水筒なら現在も売られているので、便利だから水筒はアルミ製をお奨めだが、最近のアルミ水筒は円筒形が主流になっているようだ。

左端の緑のシートは、ドイツ軍の放出品ポンチョだ。
避難用に雨具を用意したかったら、ポンチョならリュックサックの上から被れるので濡れずに済むし、拡げれば防水シートになり、ハトメ付きなので細引きで簡易テントを張る事も可能。
欠点は風に弱い事と、膝から下が濡れてしまう事。
以前に冬のキャンプで膝から下だけずぶ濡れになって、震えた経験があるので、今はゴアテックスのズボンを併用している。

中央の赤いカップは保温式のカップで、最近は日常的にこれを使っている。

f0225473_20525250.jpg
背負子
友達のミュージシャン大村カズさんの信州にある築百年位の家にあった背負子。木の枝を利用したツノ付きは朝鮮半島式だが、国内では珍しい。こんな場合には朝鮮の人がこの辺りに住んでいたのかな?と想像して遊ぶ。









阪神淡路大震災の時は、給水場所から避難所や自宅まで重いポリタンクを持ち帰るのが大変だったらしい。
ポリタンは満タンで20キロだ。
この時ばかりは神戸の女の子の間では理想の男性像は三高ではなく、力持ちで頼りがいのある男だと噂されたらしいが、いつの間にか三高に戻ったようだ。
しかし力持ちでない男にも朗報だ。
背負子を使えばポリタンの2個くらいは楽に運べるのだ。
買い物カートでも運べるが、瓦礫の残る道では無理だ。
ダンボールに入れた物資だって重ねて運べる。
俺の高校生の頃は、アウトドアシーンでアルミ製背負子が流行っていたが、今はとんと見なくなった。
しかし背負子は材木とロープワーク技術があれば簡単に作れるハズだ。
アイヌ式背負子は、フレーム部分は本土式と大差無いが、肩バンド式ではなく前頭部に紐を掛ける方式で、こっちの方が作り易いし、肩にバンドが食い込まずに楽に運べると思う。
何故肩ではなく頭にバンドを掛けるのかというと、山の中で熊に出会ったら、首を反らして瞬時に背負子を外して、逃げるか鉄砲を撃つかする為だそうだ。
この方式をフレーム無しで応用すれば、ポリタンの取っ手に幅広のベルトを通して頭にかければ、両手にもポリタンを持って、同時に3個のポリタンだって運べる。
更に工夫するなら、両手に持つのは止めて、時代劇に出てくる旅人が肩に荷物を振り分ける方式や、天秤棒を使えばもっと楽に運べるだろう。
都合よく幅広ベルトなんか無いと嘆く前に、倒壊家屋からカーテンでも拾って来て自分で工夫する気持ちが大事だ。
車のシートベルトは、車の牽引にも使えるほどに丈夫だから、壊れた車でもあったら探してみよう。
f0225473_21223647.jpg
頭で運ぶ
北部ラオスにて。アイヌの背負子はこの方式で前頭部にベルトを掛ける。背負子板が無くてもこうして工夫すれば楽に荷物は運べる。子供の頃、ショルダーバックをこうやって運んだこともあったっけ。

f0225473_21194413.jpg
頭上運搬
南インドのコディッカライにて。アジア諸国の女は日常的に頭に40キロの荷物を乗せて運んでいるのだ。険しい山道を20キロも歩いたりとかもする。日本男児たるもの、非常時なら40キロは笑って運んで頂きたい。
f0225473_21144426.jpg
竹筒ご飯
バンコク郊外にて。モチ米とココナッツミルクで炊くご飯で、おやつや弁当として売っている。
駅弁で食ったのは、半熟卵と鶏肉が入っていて絶品だった。直火ではなく、軽く焦げ目がつく程度の熾き火で充分。

前にも書いたが、鍋がなくたってお湯も沸かせるし、ご飯も炊ける。
その代表が竹筒ご飯だ。
試しにお湯を沸かしたらほんのりと竹が香って香ばしいお湯になった。
真水が無い時には、海水でご飯だって炊ける。
六割位の水で薄めたほうが美味いけど、100%海水でも食える。
『太平洋ひとりぼっち』という愛読書に書いてあったのを高校生の時に真似て実験したのだ。
小雨の中を濡れた流木を薪にして、ちゃんと海水ご飯が炊けた。

アジアやアフリカなどで逞しく生きている人々の生活力・生活技術にはサバイバル術のヒントが盛りだくさんだ。
海外旅行にいったら、ぜひこんな視線で生活技術を見学して欲しい。
日本人だって、昔は凄い生活技術があったのだ。
直ぐにでもそんな生活の知恵をお年寄り達から学ぼうではないか。
諦めない事。
工夫する事。
色々なサバイバルグッズを紹介してきたが、どんな便利な道具を持っていても、最後には道具より諦めない根性、工夫する知恵が決めてになるのだと思う。
慌ててキャンプ道具や防災用品を買うよりは、鉈の使い方や焚火の練習しておいた方が役に立つと思う。
ロープワークも是非に練習しておく事だ。
当り前だが、ロープワークを知っている事が役立つのではない。
状況に合わせてどのロープワークが有効なのか?どの組合せがベストなのか?という状況判断力がロープワークの究極なのだ。

次回は総集編『サバイバル術・・・原子力より原始力を!』です。
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-21 23:27 | サバイバル | Comments(0)
防災に役立つキャンプ道具といえばまずは灯りだろう。
煮炊きには焚火でも可能だが、灯りは代替品が無いのだ。
次が寝袋にテントだろうが、都市で被災した場合には、避難所での暮らしとなるだろうから、寝袋はともかくテントまで用意する必要は無いと思う。

キャンプ用の灯りには、明るい順番からガソリン、灯油、ガス、電池、ロウソクなどの燃料別の方式があって、ランタンと呼ばれている。
普段からキャンプやアウトドアでの遊びをしたり、電気の無い山奥や離島で暮らしているなら、ガソリンや灯油式のランタンやランプが便利だろう。
明るいし、ランニングコストも安いのだ。
東南アジアやインドでは、いまでも灯油ランプや灯油ランタンを日常的に使っている人達も多い。
f0225473_2305342.jpg

ランタン各種
後列左からガソリンランタン、石油ランタン、石油ランプ
前列左からLEDランタン、ガスランタン、防災キャンドル
ガソリンと石油のランタンはポンプ加圧式でとても明るいので、今も各国で現役で活躍している。
ただ防災品という捉え方だと、俺のイチオシはコストと手軽な事でLEDランタンと防災キャンドルだ。
このLEDランタンは何かの記念品で貰った安物だが、結構使える。倒れても安心だ。
防災キャンドルは100円ショップ品だが、しっかりした蓋付き缶に入っていて失火のリスクもうんと低いし、五時間だか六時間の燃焼時間があると書いてあった。
避難場所で普通のロウソクが倒れて火事になった、という話を聞いた事があるから、ロウソク立てのいらない缶入りは便利だろう。それでも念の為に空き缶にでも入れて使う心遣いは欲しい。
因みにガスランタンは各メーカー専用のブタンガスのボンベを使って互換性は無いが、イワタニ製には家庭用カセットコンロのボンベと同じボンベが使えるランタンとキャンピングストーブがある。
ガスランタンを買うなら『イワタニ・プリムス』のホームページを検索して下さい。
しまった!ヘッドランプの写真を撮り忘れた。



しかしだ、防災グッズとして考えるとどうだろうか?
停電だけや、短期間のインフラ停止くらいなら、ガソリンや灯油を熱源としたキャンプ道具も有効だろう。
家屋倒壊や津波などの壊滅的被害を受けたらどうなのか?
避難期間が長期に渡る場合には?
災害の規模や期間によって、ベストの答えは違ってくる。
東北の被災地では、ガソリンや灯油、電池の入手困難らしいから、仮に準備しておいたキャンプ道具を持ち出せても手持ちの燃料を使い切ると、どんな性能の良い道具も無用の長物となるのだ。
灯りに限らず、煮炊き用のコンロ類も同じだ。
それに明るいランタンほど大きくて嵩張るので、防災用に非常用持ち出し袋に入れるのも考えてしまう。

俺は全ての種類のランタンを持っているが、その点から最近はLED電灯をイチオシにしている。
携帯性があり、球切れのリスクが無いし、電池寿命も長い上に、点灯作業がスイッチを入れるだけの簡単操作だからだ。
加圧式のランタンやガス式のランタンは、点火までにポンピングや組立など面倒があるので、暗闇だと手間取るだろう。慣れだって必要だ。

車に常備しているのはLEDのヘッドランプと、車のキーホルダーにしているLEDランプ、それにキャンピングカー仕様になっている軽トラの幌の中のLEDランタン、100円ショップで買った缶入りの防災ロウソクの四点だ。
これとは別に携行品のサバイバルセットには、小型LEDランプが何時も入っている。
普段から小型ランプを持ち歩いていれば、例えば地震による停電でエレベーターに閉じ込められても安心感がまるで違うと思う。
LEDが全盛となって陰が薄くなったが、昔はミニマグライトが防災ライトの横綱と言えた。
しかし肝心な時に球切れしたり、回転式のスイッチが鞄の中で勝手に回って点灯していて電池切れしたりして、個人的には苦々しい思い出が一杯あった。
今はホームセンターでも質の高いLEDライトが安く売られているが、やはり国内産が良いと思う。

俺なりのLEDライト選択のこだわりはそれなりにある。
電池寿命がなるべく長い事、出来れば単三電池が電源である事だ。生活防水機能があればなお良い。
国内ではそうでもないが、外国の僻地だと単四電池が売っていない所が多いので、電池は単三で統一して互換性を持たせているのである。
だから目覚まし時計もラジオも単三電池使用品を選んでいる。

ヘッドランプは非常に便利だ。
俺が会った消防隊員は、どういう訳だかペツルというクライミング用品メーカーの『タクティカXP』というヘッドランプをヘルメットに付けている人が多かった。
支給品なのかと聞いてみたら、ヘッドランプは私物だそうで、耐久性や信頼性があるから各自の好みで買っているという。
確かにヒマラヤ登山のような過酷な状況下や、各国の特殊部隊で使われているヘッドランプなだけに信頼性は高いだろうが、国産メーカーの倍も高価なのが難点だ。
そこで俺が選んだのは、LEDとクリプトン球の切替の付いたナショナル製だ。
値段と性能のバランス、それと国内最大手メーカーの信頼性からの選択である。
LEDランプは電池寿命が長い反面、灯りは陰影がはっきりせず、遠近感が掴めない欠点がある。
ヘッドランプは夜間作業時にこそ真価が発揮されるので、燃費が悪くても遠近感のはっきりするクリプトン球の灯りも欲しいからこの二つを一緒にしたヘッドランプを選んだ。
超小型のヘッドランプはコンパクトな反面、とても暗いのでヘッドランプとしての価値が低いと思う。
夜間の作業や緊急非難を想定すれば、使えるヘッドランプは収納時でも拳大のサイズとなるから、普段から持ち歩くのは難しいだろう。
したがって俺の結論は、防災品に一つ選ぶなら普段から持ち歩けるサイズの小型LEDランプだ。
キーホルダーサイズでも無いよりはマシだろう。

コンロ類は燃料調達の問題点と、避難所暮らしなどを想定すると、わざわざ高価なキャンプ用コンロを用意しなくても良いのではないか?
カセットコンロがあれば充分だし、避難袋に入れたいなら、缶入り固形燃料でもご飯が炊けるし、安価なので用意しておいても良いと思う。
f0225473_23104481.jpg

コンロ類
下になっているのがコールマンツーバーナー。ガソリン加圧式で、アラスカの先住民がテントの中で日常的に使っているらしい。
左がガスストーブ。後ろが収納ケース兼の鍋。俺が一番使うコンロだが、タンクを付けてコックを捻るだけだというお手軽さが便利。
因みにキャンプ用品では携帯コンロの事をキャンピングストーブと呼ぶ。
二番目はエスビットという固形燃料で、収納されている金属ケースを開くとそのまま五徳になるドイツ製。インドで使っていたら、ドイツ人がヒトラーが軍用に開発させたコンロなんだと教えてくれた。いかにもドイツらしい合理主義だが、お茶くらいなら簡単に沸かせる。
三番目は固形燃料用の五徳と鍋セットでメタクッカーという商品。固形燃料なら何でも良いが、メタという固形燃料用に開発されたちょっとレトロな商品。今時使っている人は少ないだろう。
右端がホームセンター購入の固形燃料。用意するならこれで充分だと思う。
どうせ燃料が切れてしまえばどのコンロも使えなくなってしまうのだ。
焚火の技術に磨きをかけましょう!



俺はシュラフは組合せて使う事が多い。シュラフとは、ドイツ語の寝袋の事らしい。
ゴアテックスのシュラフカバー、木綿のインナーシーツ、薄い羽毛のインナーシュラフ、3シーズン用羽毛シュラフ、封筒型シュラフを状況に応じて組み合わせているのである。
木綿のインナーシーツは、寝袋の汚れ防止と吸湿が目的だが、薄いフリース製もあるようなので単品でも防災グッズに良いかもしれない。
防災用に寝袋を揃えるとなると、家族分だと結構高額になってしまう。
羽毛品は吸湿性に優れて快適で、軽量コンパクト、しかも温かい。
欠点は水濡れに弱い事と、高価な事だから、家族分の防災品ならホームセンターで売っている安物で良いのではないだろうか?
ゴアテックスの寝袋カバーは防風性と多少の雨なら凌げてコンパクトになるが、安物でも一万円はすると思う。気になる人は『カモシカスポーツ』をネット検索してみて下さい。多分ここのが一番安いと思います。


次回はサバイバルグッズ・・・番外編です。
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-20 22:39 | サバイバル | Comments(0)
今回はサバイバルグッズ・・・キャンプ道具編とはいっても、本来の使用目的はキャンプ道具ではないが、俺が個人的に気に入ってキャンプ道具にしている道具類を紹介したい。

サバイバルグッズ・・・建築資材編で力説したが、通常のキャンプ道具は持運びに便利な軽量コンパクトに作られていて、短期間の使用なら問題無いが、長期間に渡るサバイバルグッズとしては向かない物が多い。
あえてキャンプ道具の中で耐久性のある物と言えば、ミリタリー用品に注目したい。
上野のアメ横にある中田商店(御徒町店の方が道具類が揃っている)や、渋谷のファントムといったミリタリー用品店に行くと、サバイバルに適したタフな実用品が沢山あって楽しい。

例えば兵隊用のスコップだ。
中田商店に行くと、ドイツ軍、アメリカ軍、中国軍、フランス軍の放出品スコップが売っていて、較べるとお国振りが見えて面白い。
ドイツとアメリカのは三段階に折畳んで収納できて、作りもしっかりしている。
ケースもポリエチレン製の重厚な作りだ。
俺が常時車に積んでいるのはドイツ軍のスコップだが、購入時には既に使っていた兵隊によってサイドエッジがグラインダーで研がれていた。
日本の植木屋は樹の根っこ切りの為に同じ工夫をしていると資材編にも書いたが、どこの国でも現場の人間がやる事は同じだ。
もしかしたら塹壕の中での白兵戦用の武器として、エッジを尖らせていたのかも知れない。
『西部戦線異常無し』という映画で、狭い塹壕内では銃剣は突き刺したら抜いている間に殺されてしまうぞ。敵兵はスコップでぶん殴れ!と古参兵が新兵に説教する場面があったのを思い出した。

中国軍のは日本のホームセンターで売っているキャンプ用折畳みスコップとまったく同じだった。
要するにコストを抑えた大量生産品だ。輸出用と同じ工場で作っているのだろう。
フランス軍のは折畳む式ではなく、柄が短い木製の一本作りでスコップ本来としては一番使い易そうだった。
ただどんなに優れた兵隊用スコップでも、スコップ本来の能力は普通のスコップには絶対に及ばない。威力を発揮するのは、狭い所での穴掘りの時と、万が一に備えて携行する時だ。
f0225473_2315051.jpg

ミリタリースコップ
西ドイツ軍製。流石に工業立国らしい良い造りをしている。アメリカ軍のとそっくりなのは、どっちが真似たのだろう?
組立て方でツルハシとしても使えるが、スコップとしても使いこなすのは慣れが必要だ。
ケースにはベルト通しがついているので、ベルトに付けて携行可能。
俺が折畳みスコップ、斧、鉈、鋸を車に常時積んでいるのは、実際によく使っている事と、家が倒壊した時の危険分散の為だ。
何年か前に震災用のサバイバルグッズの相談を受けた。アウトドアショップを何件か周ってアドバイスしたら、「せっかく道具を揃えても家が潰れたらどうするんですか?」と質問されて、「車に危険分散しておけ」と答えたら、「車も潰れたらどうするんですか?」と質問が帰ってきた。「それ位自分で考えろよっ!」と怒鳴り返してやった。
結局、彼は悩んだ挙句に何もしなかった、というオチがついた。



サバイバルに適したキャンプグッズと言えば、ミリタリー用品以外にも中国、東南アジアやインドの日用品が素晴らしい。
本来的には日用品なのだけど、骨太なアウトドア仕様としても逸品なので、俺はキャンプ用品として使っている。日用品だから安くて耐久性もある。

例えばインドの寸胴鍋だ。荒々しい成形痕の残る肉厚のアルミ打出し品で、見た目以上に重い。
家庭や露天のチャイ屋さん、路上生活者や高級レストランでも、インドで鍋といえば圧倒多数がこのタイプだ。
もちろんインドでカレーといえば、すべてこの鍋で作られているし、東南アジアでも似た鍋は使わている。パキスタンでも使っていたが、未確認ながら他の西のアジア諸国でも同じ鍋を使っているのではないだろうか。
この鍋の凄い所は、大小幾つものサイズがあって、全部同じ形をしているので重ねてコンパクトに収納できる点である。
炒め物、揚げ物にも使える。インドでは調理中の鍋の上に調理済みの鍋を乗せて保温をしている風景もよく見る。
鍋と蓋に取っ手が無く、全体的に凸凹が無いシンプル形状だから出来るのだ。
蓋は平らなので、まな板やチャパティを置くのに具合の良い皿にもなる。
大と中サイズはカレーを作り、小サイズはチャイ用などとして使い分けるが、どこの家の台所でも数種類の大きさの鍋を重ねて置いてある。
俺は五種類のサイズを持っていて、キャンプの人数によって必要な分だけ重ねて持っていく。

それと中国、朝鮮半島から東南アジアにかけて使われている、ホーローの食器類だ。
洗面器サイズは洗面器やご飯の鍋、食器、大量に作った料理のストッカーと用途は多い。
ネパールのシェルパは、洗面器の山盛りご飯に、豆カレーを少しだけかけてワシワシと食っていた。
インディカ米はジャポニカ種の七割程度のカロリーしか無いにしても、豪快な食いっぷりだった。
ホーロー食器は熱伝導が良いので、熱い汁物を入れると素手で持てないし、寒い屋外だと熱いお茶も直ぐに冷めてしまう欠点がある。
しかしその反面、落としても割れないし、汚れ落ちも良く、直接火にかけられる強みがあるのでアウトドアでは長宝する。
それに見た目が可愛いので、モテてる訳で無いのは解っているが、女の子に欲しがられるのが嬉し恥ずかしくて宜しい。
東南アジアのレストランでは、大量に作った惣菜をホーロー洗面器に入れて、同じサイズか、ワンサイズ上の洗面器を被せて埃や虫除けにしている。
このアイデアは俺もキャンプで拝借しているが、被災地でも使えるだろう。
食べ残しなんか、こうして置けばラップもいらないのだ。
『初恋の来た道』という中国映画で、丼飯の上に少し小型の丼を逆さまにして被せてから風呂敷で包んだ弁当が出てくる。
この方式もタッパや弁当箱が無い時の代用になりそうだ。
ホーロー食器は中国製(東南アジアのも中国製だと言っていた)は可愛い花柄が付いているが、メッキムラがあったりして質は良くない。
中国東北部の朝鮮族の家や、西北部のモンゴル族のゲル(パオとも言うが、これは中国語でゲルの事。包と書く)に泊めて貰った事があるが、居間の棚にはカラフルな花柄のホーロー洗面器が上下重ねられて幾つか並べられていた。
冷涼な乾燥地帯では、屋内にカラフルな色彩を置いて目を和ませたいのだろう。
日本製だと戦前のものは薄くて柄物も多いが、最近のものは白一色で、流石に高品質だ。
因みに浅い皿は、アウトドアでテーブルが無い場合には、傾けるとすぐにこぼれてしまって使い難い。
西部劇に出てくるカーボーイが、ホーローの皿でチリビーンズを食べるシーンがよく出てくるが、暗い焚火の灯りでも直ぐに食ってしまうから問題ないのだろう。
こんな時のカーボーイは、スプーンを順手で握り込んでガシガシと無作法に食うのが定番だ。
ある程度の縁が高い深皿と、小型ドンブリがあれば用は足りる。
避難場所では水が使えない事もあろうが、プラスチック製の食器は汚れが染込みやすいし、ホーロー製に限らず金属製ならティッシュで汚れを拭取ったり出来る。
紙コップや紙皿は、長期間のサバイバル生活には向いてないが、被災地で短期的に使用した場合には捨てずに保管しておく事だ。牛乳パックと同様に細く裂いてロウソクや炊き付けにリサイクルできる。
インドの砂漠では、砂だけで鍋や食器や鍋の汚れを落としていた。因みにトイレも砂漠でする。
日本人なら海水は綺麗だと感じるように、砂漠地帯の人は粉末状に乾いたウンコ混じりでも砂は綺麗だと感じる所が面白い。
でも砂で食器が洗う場面を目の当たりにして、水が乏しい時や石鹸がなくても生きていけるんだと自信がついた。
被災地で水が乏しかったら、砂や泥で汚れを落として、最後に水ですすげばよいのだ。
f0225473_23411598.jpg

インド鍋とタイで買った食器類
入れ子収納可能なインドのアルミ製鍋は、大きさに関係なく重さの量り売りだ。取っ手は無いが、インド人は鍋の移動には縁の出っ張りに布巾(日本人からみると雑巾だ)を当てて両手で持つ。
こんな時にインド人でもたまには火傷して、「ジャロジッ!」・・・熱ちちっ!・・・なんて言っている。
ホーロー食器はノスタルジーの意味と、実用アウトドアグッズとして古道具市でもよく買うが、買う場合には同じサイズを二個づつ買っている。
合わせて蓋に使えるし、重ねて大中小と入れ子にすれば数があっても嵩張らない。
取っ手のついたカップ類は嵩張るので持運びに不便。
俺は大人数のキャンプでは、ホーロー茶碗を湯呑みに使っている。
手前の銀色のカップはシェラカップ。これは取っ手があっても入れ子になるので何個あっても嵩張らない。
今は国産コピー品が千円で買えるが、俺の学生の頃はアメリカ製のオリジナル品しか無くてとても高価だった。
取っ手が長いので、お玉の代わりにも、食器としても使える万能選手。
シェラカップはキャンプ道具を置いているアウトドアショップ店ならどこでも購入できるし、一個だけ持ち出すならやっぱりシェラカップだろう。
シェラカップは取っ手とカップ本体の熱伝導率が違うので、直火でお湯を沸かしても取っ手が熱くならないという宣伝文句を勘違いして、初めて使った時に直火で沸かしたインスタントコーヒーをいきなり飲んだら、ジッと音を立てて唇を火傷した。でも確かに取っ手は熱くなかった。

横の五徳ナイフは、スプーン、フォークが収納されていて、使う時に分離できるので便利だ。
箸は持たないが、必要があれば現地で作る。何時も鉈を持っているから、小枝を切って箸を作って、用が済めば焚火にくべている。


今回の紹介は、キャンプ道具と言っても一般人のキャンプ目的で売っているのはシェラカップだけだ。
つまり物の見方次第で、本来的な道具の使用目的も格段に広がるのだという事を言いたかったのである。
インドに行って鍋を買って来い、という事ではないから注意!

次回はサバイバルグッズ・キャンプ道具編(その2)で、市販のキャンプ道具を紹介します。
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-17 21:18 | サバイバル | Comments(4)
家庭用品でサバイバルグッズに使えるのは結構ある。
例えばアルミホイルだ。
これがあれば鍋が無くたって蒸し焼き料理が可能だ。
焚火に直接放り込むよりは、穴を掘って焼いた石を置き、その上にアルミフォイルで包んだ食品を乗せて土を被せ、さらに熾き火で加熱するという方式なら失敗は少ないだろうから工夫してみて欲しい。
都市でもカエルや蛇がいそうな神社の水場に行けば、芹が生えている事もあるし、公園や土手にヨモギやニラなどが生えているので、割いた魚の腹に入れて蒸し焼きしたりすれば料理らしくなるだろう。
野草の利用方法を知っていると便利。アロエやヨモギは潰せば火傷や怪我の消毒になる事は誰でも知っているだろう。
春先のヨモギは乾してカラカラになった葉を掌で揉めば、モグサになってお灸に使える。
俺が試した野草茶は、ヨモギ、スギナ、ビワ、ドクダミ、カワラケツメイ、カラスノエンドウ、ススキの穂、竹や笹の葉っぱなどで、生葉でも煮れば香ばしいお茶になるが、ススキは別にして、炙ったり乾したりした方が香りと味は良くなり、青臭さが無くなるようだ。

アルミホイルが無くたって、大きな葉っぱがあればメラネシア人やポリネシア人がやっている伝統的な蒸し焼き料理ができる。
タイ人などはビニール袋に水と生米を入れて遠火で飯を炊いてしまうし、東南アジア全域にある竹筒で炊くご飯なんか、ほんのりと竹が香って美味いし、やってみれば意外に簡単。
どんな場合にも熾き火や遠火にして、直火にはしない事だ。
鍋がなくてもホーローの洗面器やステンレスのボールがあれば充分に鍋に転用可能だし、水を張って焼いた石を放り込めばスープ類だって出来る。
実際に友人のカミサンは、大きなステンレスボールでスパゲティーを茹でている。
東南アジアでも、ホーロー洗面器でご飯を炊いている人がいた。
一個でも鍋が持ち出せるなら、俺なら中華鍋を選ぶ。
煮る、炊く、蒸す、焼く、炒めるが出来る万能鍋だ。しかも軽くてヘルメット代わりにも。
その点では片手式の北京鍋よりも両手式の広東鍋の方が、紐を付けてヘルメットにし易い。
その際には頭に帽子か手拭いを被っておく事だ・・・冗談で書いているのではない・・・
ダッチ・オーブンも万能鍋だが、高価で重いから次点だ。

焚火をする時には、そこらに転がっている石やレンガ、コンクリートブロックでカマドが作れるが、耐火用で無いとすぐに割れてしまうので、折角の有用資材を無駄にしてしまう。
耐火性の有無の見分け方は、持った時に意外に軽く感じるモノは軽量タイプなので熱で簡単に割れてしまう。
金槌で叩くだけで簡単に割れてしまうのも駄目。
ホームセンターで購入する場合には、ブロックなら重量ブロック、レンガなら耐火性と書いてあるのを選ぶ事。
ガーデニングには、耐火性の無い安いブロックやレンガが使用される事が多いので注意。
割れてしまったブロック破片が三つあれば鍋の安定が図れるが、再び割れて鍋がひっくり返ってしまう可能性があるので緊急時限定。

竹筒があれば、半分に割ったり横に切断したりして食器の代用も出来るし、大きな葉っぱだって皿の代わりやトイレットペーパーにもなる。
竹を割るのに鉈が無いと嘆く前に、出刃包丁を探す事。

トイレットペーパーついでに言っておくと、世界中でトイレットペーパーを使っている人口よりは、砂漠地帯や高所寒冷地帯の砂で尻を拭いたり、東南アジアから西アジアの温帯の水で尻を洗う人口の方が多いのだ。
ちょっとした勇気と好奇心、それに空いたペットボトルと水さえあれば、トイレットペーパーが無くても困らないのである。
その場合の使用は左手に限る。
ペットボトルの水は、最後に左手を洗う分も必ず残しておく事。
慣れるとトイレットペーパーよりずっと清潔感がある。

断水していても、バケツ半分程度の水が確保できれば水洗トイレは流れる。
バケツもサバイバルグッズとして有効だが、布製の折畳めるバケツは結構安いし、ホームセンターの工具用品売り場で売っている。
f0225473_1136117.jpg

折畳みバケツ
プラスチックのバケツは壊れやすいし嵩張るので、布製折畳みバケツは防災準備に限らずに常備したい日用品。丈夫なので物品の運搬にも使えるし、水もちゃんと運べる。
このバケツは胴体にバネが入って自立するタイプだけども、バネ無しでも水を入れる事で自立する。
初期消火や貯水、物品の運搬、掃除洗濯、行水とサバイバル生活ではバケツの出番は多いだろう。


非常時だから一人毎に水で流すのでは無く、数人分まとめて水を流そう。
被災地では空いたペットボトルや泥水といえども貴重だ。
洗濯や洗物の水はバケツに取っておいて、こんな用途に使おう。
竹や葉っぱなど、都会でも公園に結構生えているだろうし、非常時なら利用も仕方ないだろう。

人間らしい温かい料理には加熱が必要だが、薪があっても炊き付けに必要な古新聞や紙屑が無い場合には、ガムテープ(布、紙ともに燃える)を丸めて火を付ければ、多少の雨でも炊き付けが出来る。
雨の中を焚火する場合には、薪を組んだ上から新聞紙を広げれば、多少の雨は防げて火は起せる。
当然ながら豪雨の下では無理。
濡れた材木でも、鉈などで細かく鱗状に切れ目を入れておけば、意外によく燃えてくれる。
但し煙いのは我慢。
また有機溶剤の入った接着剤もティッシュやボロキレに付ければ良く燃える。
ホームセンターで売っているチューブ式着火材の代用品だ。
水道屋さんはトーチ(小型バーナー)が無い時には、塩ビ管用の接着剤をティッシュに付けて燃やして、塩ビ管を温めて曲げたり縮めたりする。
燃える接着剤の後ろには「火気厳禁」と書いてあるからすぐに分かるが、木工用ボンドは水溶性だから無理だ。
牛乳パックも細くテープ状にすれば、炊き付けにも蝋燭の代わりにもなる。
但しガムテープや接着剤が燃える時には、ダイオキシンなどの有毒ガスが出るので屋内での使用や、アレルギー体質の人は注意が必要。
都会でも樹木の枯葉なら公園に落ちているだろうし、杉や松の枯葉は最高の炊き付けになるから、ケミカル系の代用焚き付け材の使用は非常時限定の最後の手段と考えたい。

f0225473_12474116.jpg

可燃性接着剤
どうせ常備品を買うなら、可燃性の接着剤ならいざという時にファイヤースターターとして役立つ。
全部試した事はないので断言できないが、パッケージ裏に『火気厳禁 第一石油類 危険等級Ⅱ』と書いてあれば燃える筈。ツンとした刺激臭も有る。
燃やすと黒くて臭い邪悪な煙が出るので、屋外での非常事態に限る。土壌汚染にもなるのだ。
焚火が起きないのは、炊き付けの問題の他に木の組み方や地面の湿気、風の問題もあるので、くれぐれも無闇な接着剤やガムテープの使用は控える事。



野宿や避難場所では、上に掛ける保温材料以上に地面からの底冷え対策に注意したい。
これまで試した中で、最も温かい断熱材は住宅の床下に入れるスタイロフォーム製断熱材だった。
大工が現場で昼寝する時によくこの上で寝るが、これは横たわっただけでポカポカと温かい。
欠点は脆いので、すぐに欠けたりボロボロと屑が出るのだ。
倒壊家屋を見つけたら、要チェック。水色か黄色をしている。
壁用断熱材のグラスウールはチクチクして寝られたもんじゃない。
次点はキャンプ用のエアーマットが温かく、収納性とクッション性も抜群だが、高価なのと孔が開いたら駄目になってしまう事が欠点。
ビーチマットなんかで代用できるだろう。
キャンプ用マットにはウレタン製もあって耐久性は高いが、寝ていないとすぐに丸まったりして不便な面もあるので、あくまでも移動用か補助として使いたい。
俺のお奨めの床断熱材は、風呂用のウレタンスノコだ。別名お風呂マット。
60×80㎝程度の大きさで、安い五百円程度のマットで充分だ。
硬さのあるタイプの方が耐久性も高い。
柔らかいタイプは、寝た痕が薄く凹んできて段々と寝にくくなる。
嵩張って運搬に不便なのが欠点だが、キャンプ用マットの2倍以上の厚みがあるし、底がスノコ状に出っ張っているので、多少濡れた地面でも座る事も横になる事も可能だ。
俺は昔から車のトランクの下敷きにして使っていた。

忘れてはならない断熱材は、古新聞と大形ビニール製ゴミ袋だ。
バイクツーリングで寒さが厳しい時なんかは、どこかから古新聞を貰って来て、胴に巻いた上にジャケットを着たり、袖やズボンの下に巻くとそれなりに温かい。
ツールド・フランスの選手達も、ピレネー山脈を時速百キロ近くでダウンヒルする時は、古新聞を胴体に巻いて疾走するらしい。
大形ゴミ袋は、首と両手の部分に穴を開けて着ると、ウインドブレーカーや雨具代わりになる。
このスタイルで、頭にコンビニ袋を被れば、放射能に汚染された雨の中を移動しなければならない時など、使い捨てに出来る強みだってある。
段ボールの利用だって、ホームレスに学ぶ所があるだろう。
その点、ガムテープは炊き付け、段ボールハウス作り、梱包、二枚合わせて紐にするなど非常用持ち出し用リストに入れておきたいオールラウンドグッズだ。

風呂敷や日本手拭いも使い方さえ知っていれば、様々に用途は広がる。
被り物、容器、ハンドバック、防寒、保護材、包帯代わりなどなど。
ネット検索で使い方を勉強して予行練習しておくと良い。
俺は日頃からジーパンの尻ポケットに日本手拭いを入れているが、バンダナよりずっと応用技が利く。
手拭いはタオルよりコンパクトになるし、すぐに乾いてくれる。
手拭いやタオルにしても、新たに買う時は横幅が90センチ以上だと用途は広がる。
作業用品屋さんには、こういった長目のタオルが売っている。

手袋は保温や怪我防止に非常に有効だが、軍手で重量物を持つと滑って仕舞うので、非常時用にはイボ付き軍手や掌部だけゴムをコーティングしたグリップ軍手がお奨め。
アウトドアでは手の甲から手首が冷える事が多いから手袋は用意したい。
但し、ゴムコーティングされた軍手は火に弱いから、焚火などでは革製軍手が便利。
革製軍手も最近は安い薄手タイプにバリエーションが増えてカラフルになってきたので、俺は外仕事やバイク用に普段から使っているが、ゴツイ昔ながらの革製手袋よりも掌にフィットして快適だ。
避難する時に着る上着を決めておいて、お気に入りの手袋と百円ライター、小型ナイフを常時ポケットに入れておけばいざという時に慌てないで済む。
f0225473_13254486.jpg

グリップ軍手各種
難燃素材の高価な軍手もあるが、革手袋も同様に燃えないわけでも熱いものを掴んでも平気な訳でも無いから注意。
木綿軍手も安物は化学繊維が混じっていて、燃える焚木を持った時に溶けて指先を火傷した事がある。
グリップ軍手には厚手と薄手があるが、耐久性は厚手、使い心地は薄手が良い。
薄い革製作業手袋は、千円~二千円前後で買える。重量物を持った時の滑り難さはグリップ軍手より劣るが、ゴム製のように手が匂わないし、火にも強い多目的手袋として俺は愛用している。



最後は避難用の上着の問題だ。
ゴアテックス製のマウンテンパーカーを持っているが、化学繊維は火に弱いのが欠点だから俺もまだ結論を出せていない。
焚火が爆ぜただけで小さな孔が開いてしまっては、火の粉の舞う火災の中を避難したり、長期に渡る避難生活にはどうかな?と思う。
関東大震災や東京大空襲では、火の粉が背中に降ってきて焼け死んだ人が多かったのだ。
火に強くて丈夫なのは革ジャンだが、脱いだら嵩張る事、雨に弱い事と下にセーターを着込んだにしても真冬など結構寒い欠点がある。
それに上着はフード付きであった方が防寒・防風にもなるが、革ジャンにはフードが無いし、ポケットだって容量は少ない。
木綿のミリタリージャケットはポケットも沢山あるし、フード付きで火には多少の強みがあるが、雨に弱いのが欠点。
いざという時は、マウンテンパーカーの上に革ジャンを羽織って逃げますかなぁ・・・。

次回はサバイバルグッズ・キャンプ道具編です。
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-17 00:23 | サバイバル | Comments(6)