21世紀の縄文人を目指す男の記録


by jhomonjin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

このブログを開設して四年目。

諸処の事情から
OCNのブログ人に引っ越すことになりました。

諸処の事情とは、「ぬなかわヒスイ工房」のHP作りをしているのですが、ブログリンクがエキサイトのままでは文章のみしか表示されず写真が表示できないのです。

使い慣れたエキサイトではありますが、本日を持ちましてやむなく引っ越しとなりました。

引っ越し先のOCNのブログタイトルは、これまでと同じ「縄文人(見習い)の糸魚川発!」のままです。
URLは下記になりますので、今後ともご贔屓を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
いざ
http://nunakawa.blog.ocn.ne.jp/

追記(2014年12月3日)
と思いきや、2014年11月30日にOCNブログがシステム不具合で閉鎖されることとなり、12月からgooブログに引越しする事となりました。

新しいURLは以下ですので、よろしくお願い致します。
http://blog.goo.ne.jp/nunakawazoku


[PR]
by jhomonjin | 2013-06-20 22:35 | 何やってんだっ! | Comments(6)
このブログを見ている西日本在住のある人から、4月にヒスイ製品の注文がありました。
ぬなかわヒスイ工房の完成を待つから、急がないので作ってくださいとのこと。
有難いことです。
以前に抽象的なデザインの犬のヒスイ製品を作ったことがあって、そのネット画像を見ての注文です。
注文主のご要望は、犬好きの息子さんのための「早太郎」って名前の民話にでてくる犬のヒスイ製品とのこと。
完成の報告を教えて頂いた携帯メアドにしてもエラーが出て連絡がつきません。

この場をお借りして完成の報告をさせて頂きますので、お気に召しましたらご連絡をお待ちしております。
以下は「早太郎」の写真です。

f0225473_611613.jpg早太郎の正面。口の悪いヒスイ仲間からイノシシか?なんて言われてしまいましたが、信州の民話だそうですので、顔の大きい「甲斐犬」が野山を走っている姿をイメージしました。原石は小滝産ヒスイです。

f0225473_6124069.jpg光りを透過させるとこんな感じ。
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-18 06:14 | 糸魚川ヒスイ・石 | Comments(3)
工房作りで工具箱の整理をしてたら、古銭が出てきた。
高校生の時に、押上海水浴場の「浜茶屋」で監視員のバイトをしてた時に波打ち際で拾ったものだ。
その日、海水浴客が波打ち際でガラス破片を踏んで怪我をしたので、夕方に点検して歩いてた時に見つけた。
「浜茶屋」とは、新潟から福井にかけての北陸方言で、「海の家」のこと。

f0225473_11305616.jpg拾った時には藻で汚れて文字が読取れなかったが、四角い孔が開いていた古銭だったので最初は銭形平次の寛永通宝かと思った。表には漢字らしき文字が読取れたが、裏にはグニャグニャ模様があった。古銭の表

f0225473_1132062.jpg汚れを洗い落として図書館で調べたら、なんと十七世紀の清朝の「康熙通宝」。つまり三百年以上前の中国銭。グニャグニャ模様の正体は満州文字とのこと。古銭の裏




この古銭は何時、誰が落としたんだろう?
中国船が難破したのだろうか?
康熙通宝は江戸時代には長崎から国内にも入っていたらしいが、それにしても三百年も海を漂っていたのだろうか?
海底を流れ流れて三百年後に上陸した?
60年代のカルフォルニアの断崖で、「女王陛下の御名に置いて、この地を大英帝国の領地と宣言する フランシス・ドレーク」って刻印された真鍮版を海水浴客が見つけたそうだ。
ドレークは16~17世紀に実在した海賊だ。
こんなこともある海はタイムカプセル。
海からの贈り物・・・それは連綿と続く人の生きてきた証し。
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-16 11:20 | 田舎暮らし | Comments(1)
四月から着工したヒスイ工房がついに完成。
Uターン帰郷時に大量に持ち帰った遊び道具や工具類を収納するための納屋と冬でも外作業できるテラスも完成した。

f0225473_21554292.jpg俺の実家の地下には、古墳時代前期の「奴奈川族のヒスイ工房跡」が眠っているから、千七百年の時を経て勾玉作りの工房が復活したことになる。工房の名前は、ご先祖に因んで「ぬなかわヒスイ工房」と命名。

f0225473_21563344.jpg作業机横には、キャスター付のおもてなしテーブルワゴン。ちゃんと引出式になっていて、緑茶やコーヒー、ハーブティーが揃っている。千客万来を期待。






ちょっと前には「縄文時間」というホームページの原稿も完成して、後はホームページ作りに協力してくれている友人のアップ待ち状態。
ここしばらくは、縄文カヌーの上越航海実験やその他モロモロが全部重なってしまって、平均睡眠時間五時間前後という日々が続いたが、これで一段落。
奇しくもお袋が自宅敷地から勾玉を拾ってから五十年目の節目。
何かに導かれている感じがする。

f0225473_2159317.jpg工房内部左側。銀色のパイプは集塵機のダクト。知人から只で貰った送風機に百均商品で工夫して自作。本物の集塵機は高価だが、かかった資材費は千円くらい。

f0225473_2216128.jpg自慢は藤沢市の古道具屋の蝉丸さんから独立祝いにもらった古民家の窓。もとは引違い式の窓を外倒し式に作り変えた。今はもう入手できない磨りガラスと雪の結晶模様の型ガラスがレトロでいい感じ。

f0225473_22195574.jpg工房にいると落ち着く。お気に入りのNHKのラジオ番組「すっぴん」を聴きながら、コーヒー豆を挽いてパーコレーターで淹れたコーヒーで寛ぐ。これが噂の移動式おもてなしワゴン。




つい最近までは、何をするのも複数の仕事を同時進行させるような慌ただしい日々だったので、ゆったりコーヒー飲んでボーとするというのも久し振り。
誰にも文句を言われない、好きな時に好きなことをできる場を手に入れたのだ。
俺も一国一城の主って訳だ。

f0225473_22224260.jpg夕方には海に行ってSUP(スタンドアップ・パドル・ボード)の稽古の日々。毎日海に行っていると顔見知りが多くなって、地元の人や、市の内外のヒスイハンターさん達とヒスイや縄文談義に華が咲く。


これぞ縄文時間。
この至福が何時まで続くのか・・・。
先のことは考えずに、しばらくは』縄文時間を愉しむとする。
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-13 07:13 | 糸魚川ヒスイ・石 | Comments(7)
2年前に福井県にある縄文前期(六千~五千年前)の鳥浜貝塚に行った時、展示されている出土丸木舟を観てSUP(スタンドアップ・パドル・ボード)に似ていると思ったと書いた。
出土した丸木舟の船縁の高さが10~20㎝前後しかなかったのだ。
博物館でレプリカを作って漕いでみたら、静水面でもグラグラとバランスが悪かったそうだ。
形はSUPに似ているから、立って漕げば多少のウネリでも平気なのではないだろうか・・・?

f0225473_7243125.jpgSUPとは、20年くらい前にハワイで考案されたマリンスポーツで、専用のサーフボードに立って漕ぐカヌーとサーフボードの中間のような遊びである。長距離ツーリングや波乗りもできちゃうからハワイで流行っているのだ。軽トラ用のキャリアー自作。

縄文カヌーによる上越航海が終わって、やっと余裕が出てきたので中古SUPを入手した。
こいつで訓練して、梅雨が明けたら鳥浜貝塚のレプリカで立って漕げるかどうか試させてくれいと懇意にしている鳥浜の学芸員さんに頼んだらあっさりOKとなった。

この数日はサップで毎日5キロ程度漕ぐ訓練を続けている。
沖合は北ウネリが膝~腰くらいまであるから、初心者にはハードなコンディションだが沈は波打ち際で2回ほどしかしていない。
糸魚川の海は海岸段丘が発達しているから、波打ち際で波が巻いて難しいのだ。

同じピッチで漕いでいても、他人が見ても分らないほどの微妙なパドル操作や足裏の加重加減で方向が変えられるようになってきたので愉しい。
沖に出る時はウネリを超える度にドヨンドヨンとボードが撓む。
もっと滑らかに超えないと速度と体力のロスになる・・・。
岸に替える時にはウネリに乗って時速10キロを記録。
同じ海況で上級者なら時速15キロは出せるだろう・・・課題山積み。

f0225473_7263151.jpgSUPのパドル。立って漕ぐから長さは2m前後ある。黒いのがカーボン製。木製のが一隻目丸木舟「小滝丸」を作った時の端材から作った唐檜製。自作したパドルは重いけど、意外に漕ぎやすかった。


f0225473_729784.jpg微妙なカーブに惚れ惚れとする・・・と自画自賛。縄文カヌーのパドルにもこんな曲線にしてある。カーブのある方を手前にして漕ぐのが沖縄のサバニから学んだ海人の知恵。



昨日は青年会議所のノブちゃんが沖にいる俺を見つけて駆け寄って来たのでサップに初挑戦してもらった。
ウネリのある海での初めてのサップだから無理もないが、派手にこけるばかりで立てなかったので、俺もいつの間にか初心者でなくなりつつあるんだろう。
といっても俺はまだ時間にして4時間程度しか漕いでいないと思う。

f0225473_733534.jpg帰り仕度してたら、サップの横にヒスイが落ちていた。県外からヒスイを拾いに来たヒスイハンターさん達と拾ったヒスイの見せ合いっこ。海にいるといろんな人と友達になれるから愉しい。海は社交場だね。

f0225473_73658.jpg知人のW女史が糸魚川に講演に訪れたキャスターの伊藤聡子さんを連れて散歩に来ていたので立ち話。W女史と伊藤さんは幼馴染で、糸魚川のパワースポット巡りしてきた帰りだとか。縄文土器の模様についての質問を受ける。

f0225473_7382886.jpg局部的な筋肉痛はないが、全身に心地の良い疲労感があってやたら眠い。面白いから気づかないけど、体は疲れつつあるんだろう。よく眠れる。継続は力なり・・・焦らず訓練しよう。訓練している押上の浜は自宅から車で五分ほど。
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-10 00:00 | 日本海縄文カヌープロジェクト | Comments(0)
郷土史家の土田孝雄先生と日本画家の川崎日香浬さんの3人で奴奈川姫関連の遺跡巡りをした。
貴重な体験なので多くの人にも声掛けしたかったが、ちょっと訳ありで3人だけで決行。
f0225473_1845010.jpg

まず行ったのが、奴奈川姫が入水自殺したとされる稚児ケ池。
俺はこれまで何度も行っていたが、ガイド付きは初めて。
しかもガイド役が長年に渡って市内の史跡や遺跡を丹念にフィールドワークしてきた土田先生だから面白くない訳がない。
ごく少数の人しか知らない郷土史や、先生の著書にも書かれている古墳と思われる未発掘の遺構らしき場所など教えて貰った。

f0225473_18102996.jpg稚児ケ池には市の花のササユリが沢山咲いていた。普通は白だけど珍しいピンクのササユリも発見。









もったいない話し。
糸魚川にはこんな面白い場所があるのに誰にも知られていないのだ。
しかも市街地から車で10分もかからない俺の家の真裏の里山の中。
色々面白い話が沢山あったが、先生はそれらについてまだ詳細な調査がされておらず、執筆もされておられないようなので、ここで詳細は書かない。

一つだけ差しさわりのない話しを紹介。
戦前まで俺の生まれ育った寺町区と押上区の人達によって、稚児ケ池で舞いが奉納されていたとのこと。
その季節やどんな舞いが奉納されていたか、けんか祭りとの関連は不明らしい。
稚児ケ池のある経ケ峰地区の人達ではなく、なんで寺町区と押上区の人達が舞いを奉納したんだろう?
その他にも歌垣やお籠もり、御手洗池の話しなどなど。

ヒスイの象徴、我らが産土の女神であられる奴奈川姫命のことをもっと多くの人に知って貰いたい。
俺が「ぬなかわヒスイ工房」というヒスイ加工の工房を作っているのはそんな想いからだ。
糸魚川市民よ、もっと自分たちのご先祖に興味を持って誇りに思ってくれい。
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-06 18:27 | 田舎暮らし | Comments(0)
セルフビルドしていたヒスイ工房が完成しつつある。
工房の壁に、3年も前に知人から貰った地図を貼った。
自室には貼りたくても貼る場所がなかったでっかい地図。
工房に遊びに来た女流日本画家も感動して、写真に撮っていったくらい面白い地図だ。

f0225473_2005762.jpgこの地図は富山県が発行の富山県を中心にして南北を逆さまにした日本地図。つまり地図の太平洋側を上に、日本海側を下にしているので、見慣れた日本列島もこうして観ると面白くて見飽きることがない。

f0225473_2061474.jpg地図に感動して写真まで撮った女流画家の川崎日香浬さん。彼女の個展が家の裏にある谷村美術館であったので、最終日に工房に遊びにきてくれた。和服がよく(エヘン!)似合う美人である。



こうやって観ると日本海は内海だ。
樺太から本州、九州、琉球列島、台湾まで島が連なっているから、舟と航海技術さえあればユーラシア大陸や朝鮮半島、東南アジア、オセアニアまで簡単に行けそうに思えてくる。
文字通りの逆転の発想・・・それは航海者の視座。

国家という概念の無かった縄文時代には、首都も無ければ裏日本や表日本という分別も無かった。
青森の三内丸山遺跡も糸魚川の長者ケ原遺跡も水平線に浮かんだ島々。
縄文時代のヒスイ出土地の最北端は、北海道の礼文島。
最南端は沖縄本島の糸満市。
丸木舟が繋げていった「海のヒスイ・ロード」だ。

縄文人の視座は航海者のそれと同じではなかったろうか。
この地図を観て、縄文海人を空想して遊んでいる。
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-05 19:13 | 日本海縄文カヌープロジェクト | Comments(0)
漕いでも漕いでも500m先の有間川漁港は近寄ってこなかったが、竜太と必死に漕ぎ続ける。この500mが今回の最も困難な状況だった。
有難いことに漁港に近づくにつれ、ウネリが小さくなってきた。
09:00 やっとの想いで入港。
まだ出航してから4時間しか経っていないのに、一日が終わった感じ。
ここまで休憩無しだったので、クルーの休憩も兼ねて2時間の潮待ちをすることになった。


有間川漁港には、誰でも利用できるログハウス風の洒落た休憩所があり、そこで朝飯兼の昼食。
航海成功を確信した関係者一同、安堵感と達成感で賑やかな食事休憩となったが、食事後はベンチや二階のロフトで各自横になる。
疲れて眠かったが、いざ横になっても気が昂ぶっていて数分で起きてしまった。
竜太も同じだったみたいだ。

f0225473_20252619.jpg3年越の願いが叶って居多ケ浜が2キロ先に見えてきたので、ラストスパート前の小休止。立って手を広げているのが牧ちゃんで、普段は絶対こんなことはしない生真面目な男。手前がセブンイレブン竜太。


11:00 伴走船で沖に出て偵察し、潮もウネリも弱まっていることを確認。
11:25 再出航。
最終レグは残すところ8キロ程度になっていたので、ラストスパートは牧ちゃん・竜太・俺の3人で漕ぐことにした。
この3人なら多少のウネリがあっても2時間以内にフィニッシュできる距離だ。
俺にしても他のクルーにしても、去年から苦楽を共にした戦友と一緒にフィニッシュできるのは感慨深い。

沖には大きいウネリが残っていたが、漕ぎ手は意気軒昂。
悪天候で中止になった去年のリベンジに燃えていた。
滅多に喋らない牧ちゃんが、変な掛け声を出してはしゃいで漕ぐ。
今見ている風景は、上越市の海岸。
日本海縄文カヌープロジェクトをたった一人で始めて3年目・・・やっとここまで辿り着いた。
みんな有難う・・・喜びを共有できる仲間がいる、そのことだけでも財産・・・と胸が熱くなる。


f0225473_20125685.jpgあと数百mで上陸という頃合いで「ガン漕ぎいくぞうっ!」と気合。ガン漕ぎとは頑張って漕ぐという意味の最速ペースの漕ぎのこと。パドルよ、あれが居多ケ浜の砂だ、と悦に浸っていたらクルーは上陸直前に力尽きた。

最後の難関は、有間川フィシャーナという釣り用の桟橋沖の「二つ岩」。
大きな岩が二つあるが、その周囲には岩礁が沢山あるから要注意なのだ。
満潮で岩が隠れている・・・白波が立っている所や海底が黒く見えるとこをを何度か迂回して難関突破。
ウネリがあるとこんな海域には神経を使う。

沿岸を走る国道8号線に、直江津入り口の郷津トンネルがポッカリと暗い口を見せてきた。
最後の入り江を回ればあと500mでフニッシュ。
上陸予定地は東側の郷津海岸か、隣接した西側の居多ケ浜。
郷津海岸はサーフィンのポイントだからウネリを心配していたが、この時はサーファーもいない静かな海だった。

砂浜で大勢の仲間が手を振っている・・・照れくさくて直視できない。
12:50 迷わず西の居多ケ浜に上陸。
航海距離26.6キロ・航海時間7時間50分。
航海中の平均速度4.8キロ・最高速度11.9キロというのが今回の航海実験の記録。

出雲や親鸞上人が上陸して、「安寿と厨子王」が人さらい騙されて京に送られ、上杉謙信が軍港にしていた歴史ある古の直江津港だ。

f0225473_20182078.jpg予想外に多くの人達が出迎えてくれた。正直、照れくさくて仕方ない。インタビューで「今の感想は?」と聞かれて「感慨無量です。多くの仲間のお蔭で無事終わりました・・・これで暫らくは普通の生活が送れます・・・」と答える。


f0225473_20183248.jpg予想外の胴上げ歓迎・・・と思いきや海に抛り投げられて水中プロレスごっこになった。無邪気に遊んだ。ひっくり返って笑った・・・牧ちゃんがメガネを海に落としてみんなで探す図。(今回の写真は糸魚川信用組合まちつくり推進室提供)

出迎えの人達と懇談していたら、竜太が無言で近づいてきて黙って俺の携帯電話とメガネを外した。
???と思う暇もなく、何人かが俺を担ぎ上げた・・・胴上げか?・・・いや違った。
仲間たちは俺を担いだまま波打ち際に走って行く。
どうやら俺を海に抛り投げるつもりらしい。
俺も只では済まさない。
ちょうど両脇にいたヤツの首を腕で締め上げて道連れにしてやった。
まだ冷たい海でプロレス大会・・・バックドロップやボディースラム・・・牧ちゃんが「海にメガネが落ちたっ!」と悲鳴を上げる・・・みんなで大笑しながら膝くらいの深さを四つんばいになって一種にメガネを探した・・・空は青く、ヒンヤリとした海水が心地よかった。
おしまい
[PR]
by jhomonjin | 2013-06-01 19:33 | 日本海縄文カヌープロジェクト | Comments(0)