21世紀の縄文人を目指す男の記録


by jhomonjin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:自作軽トラ幌 ( 1 ) タグの人気記事

小滝で合ったNさんの自作軽トラ幌に感動して、俺もポリカーボネイド製の波板を使って幌を作ってみた。
軽トラの長所は荷物が沢山積めることだが、その反面として人間が二名しか乗れず、助手席に人が乗っている時には荷物を荷台に積むしかない事だ。
そんな時に濡らしたくない荷物は各自で工夫して、プラスチックコンテナを荷台に載せてトランク代わりにするか、幌を付けるしかないのである。
幌を付ける場合は、メーカーオプションの幌を付けるか、または幌屋さんに注文して幌を作って貰うのだが、七万円前後の金が必要だ。
f0225473_23564959.jpg
JJM号
ポリカーボネイド製の波板は透明なので、内側に荷物の緩衝材に使う「ミラーシート」という薄い発泡シートを張った。JJM号とは縄文人見習い号の事だ。バイクでも車でも名前をつけると燃費が良くなのだぞ。

ポリカーボネイド製の波板を曲げて荷台に積み込み、細引きで縛るアイデアは雪国の山間部では良くある事らしいが・・・俺は見た事はないが、長野県白馬村付近でよくやっているらしい・・・Nさんの工夫は波板の内側に骨組を入れて補強しているところが一味違うのだ。
補強がないと横風に弱いし、危なっかしくて高速道路は走れない。

Nさんが選んだ骨組みの材料は、山から水を引く時に使う黒い直径40mmの硬質樹脂パイプだ。
このパイプは適当な弾力があって、塩ビ管のように曲げても折れたりはしないから、色々試した中でこのパイプがベストという事になったらしい。

作り方は簡単で、慣れたら取り付けで30分、取り外しで10分くらいしか掛からないと思う。

まず長さ2.7m×幅60㎝(九尺物)のポリカーボネイド製の波板(一枚1,900円弱)をアーチ状に曲げて荷台に乗せる。
この段階では波板の端はアオリ(可動式の荷台の壁)に当って自立しているだけだ。
この長さの波板なら、軽トラのキャビンより少し低めの幌になるので、法的には問題がないのである。
・・・警察に行って調べてきた。問題になるとすれば走行中に幌が飛んで事故になった場合だそうだ・・・
二枚目以降は、順次等間隔に重ねていくだけだが、軽トラの荷台の長さは1.9mだから全部で四枚あれば荷台が全て覆われる事になる。
f0225473_022437.jpg
普段のJJM号
万一に備えて迷彩模様のビニールシートを掛けて波板がバラける対策をしてある。また波板がむき出しだと人目を集めるので、普段から迷彩模様のシートを掛けるようになったが、余計に目立つという指摘がある。

次は直径3mm.のナイロンロープで波板の上から縛っていくのだが、ここから先はロープワークの技術が無いと無理なので、挫折する人も多いだろう。
といっても必要なロープワークは南京縛りと、その応用だけなので「現場の人」なら大丈夫だ。
南京縛りは、荷物をテンションをかけながらギチギチに縛る時には必須の技術で、アウトドアでもよく使う便利な縛り方だ。
南京縛りが出来ない人は、ロープワークやアウトドア(遊び以外にも農業、漁業、建築、土木などの仕事含む)の実力の乏しい輩だと思った方が良い。
それくらいこの縛りはアウトドアでは良く使うロープワークだ。
自分でもやってみたい人は、作り方の詳細は写真を観て各自で工夫して下さい。
自分で作れる人なら、これだけの情報でも工夫してなんとかなるでしょう。

Nさんの工夫の素晴らしさは、最初に骨組みを組んでから波板を被せるのではなく、波板を縛っておいてから後から骨組みを内側に入れるところにあるのだ。
硬質樹脂パイプは波板より1cm短く切ってあって、アーチ状に曲げてから波板の中で手を離すと、弾力で外に広がって波板を内側から押上げる応力が働く。
全部でパイプは五本いれてある。
つまり波板は上からはロープでテンションが掛けられ、内側からは硬質樹脂パイプで押上げられているので、完成すると相当な強度になっているのである。
高速道路を走ってもびくともしないし、普通の軽トラ幌は四角い形状で横風に弱いのだけど、Nさん方式は幌馬車のようにアーチ状なので横風にも強いのだ。

Nさんは冬季間の荷台の雪除け対策でこのアイデアを思いついたのだが、俺の場合はキャンピングカーにする為だ。
f0225473_0194012.jpg
幌馬車!
大人なら無理すれば二人並んで寝られる。こんな場合の床断熱は、長年のアウトドア経験からいって『お風呂マット』が一番良い。硬めの安いマットを選ぶのがコツ(一枚500円前後)。


f0225473_09666.jpg
夜明け!
寝袋の二枚重ねにインナーシーツという組合せで寝た。予備に3シーズン用の羽毛寝袋もあったが使わずにすんだ。断熱材のお陰か結露もなかった。
夜明けのコーヒーが美味かったぜ。

俺はNさんのアイデアにさらに改良をして、断熱材取付やロープの補強、開口部の雨風対策などばっちりとやったので、真冬でもテントより快適なキャンピングカーになった。
かかった費用は1万3000円だ。

JJM号(縄文人見習い号)を観た俺の姉貴は、「凄ぉ~い、『大草原の小さな家』に出て伐る幌馬車みたぁ~い!」とはしゃいでいたが、普通の人はこの中で寝たいとは思わないらしい・・・。
俺もお気に入りなのだが、どうですか皆さん、カッコいいと思いませんか?
[PR]
by jhomonjin | 2011-03-06 00:25 | ガラクタ工作 | Comments(17)