21世紀の縄文人を目指す男の記録


by jhomonjin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

一器多様の裏側・・・鍬について考える・・・

工業デザイナーの秋岡芳夫は、今日我々が目にしている様々な日用品や工業製品をデザインした事で知られる優れたデザイナーであったばかりだけでなく、工芸プロデューサーとしての業績も残しており、自身も創意工夫に長けた玄人はだしのアマチュア工芸家でもあった。それに伝統工芸、木工やデザイン方面の多数の著作もあり、そのどれも大変に面白い。

秋岡は著作のなかで、日本の文化を箸を例にとり、箸は挟む、掬う、切る、刺すと一つの道具に多様な使用方法、機能性がある事から、一器多様の文化であると言える、としている。
それに対して西洋ではスプーン、ナイフ、フォークと一つの道具は一つの機能性しか無い、一器一様の文化と言えるのではないか?と結んでいる。
確かに日本と西洋という大雑把な比較では、日本は一器多様の文化特質の傾向が認められるのではないか?と俺も思う。

しかし実際に日本以外のアジア諸国を歩けば、特に東南アジアは日本以上に一器多様文化である事に気が付く。
箸は中国が本場だけども、中国文化圏(台湾含む)やその文化的影響の強い国々(朝鮮半島、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、マレーシア等)では食事の際に茶碗を手に持ったり、茶碗に直接口を付けるのは下品とされており、お粥やスープ類にはレンゲを日常的に使うので、その点に関してだけなら茶碗を手に持ち直接口を付けて良い日本は、一器多様と言えるだろう。
(アジアにおいて、何故日本だけがそうなのか?この事については後日に考察してみたい。)

例えば前回の鍬である。
日本では「一里違えば鍬が違う」と言われる位に地方毎に多様あるが、アジア諸国で俺が見てきた鍬は、どこの国でも似たような唐鍬ばかりで、大きさも形状も大きな違いは無いのである。(朝鮮半島では農村地帯を見てないので保留中。)
f0225473_23231372.jpg
唐鍬を使うインド人の土方
唐鍬は柄が短く小型で刃が厚く頑丈に作られている為、粘性土や伐根、根切り、筍採り等で活躍する。

f0225473_18381394.jpg
唐鍬で木を伐る男
タイ ピッサヌロークにて。
万能選手の唐鍬でも、流石に直径30cmを超える樹木伐採には苦戦していた。
根気良く少しづつ続ければ、何時か何とかなるだろう、という了見。
いかに東南アジアは一器多様か、という好例。
しかしいくらなんでも、唐鍬と樹が痛々しい。




日本の鍬の場合は、構造上の分類、機能上の分類、形態上の分類と少なくてもこの三つの分類方法がないと正確な鍬の説明が出来ない位に多種多様のだ。
我が家も含めて現在ではホームセンターで売られている大量生産品の鍬を使用する農家も多いと思うが、かって鍬は村の鍛冶屋の注文による受注生産品であり、柄のすげ方まで言及すると同じ土地、家族内でも使用者毎に違いがあった、と言えるのではないだろうか。
だから家庭菜園を始めたばかりの人から「鍛冶屋が造った、一生モノの鍬が欲しいのだけど、どこで買えば良いの?」と聞かれても、土質や地形、誰が何の目的で、という最低この事が明確でないと、家庭菜園程度ならホームセンターで安い平鍬を買ってみたら?と相談者ががっかりするようなアドバイスになってしまうのである。

日本で最も代表的な鍬は平鍬だが、平鍬にも用途別に柄の長さと角度、鍬本体の長さ、幅、厚み、形状など随分と多様性がある。
唐鍬は粘性土の開墾や土木作業(現場ではトンガと呼ぶ事もある)に使用されるが、農家においては筍採りや根っこ切りといった、脇役的な使われ方が多い鍬である。
f0225473_1959374.jpg
我が家の鍬各種
左から平鍬、備中鍬、唐鍬(大小)
唐鍬の大はアジア各国でよく見るタイプ。





東南アジアやインドでは、現在でも村の鍛冶屋どころか街中でさえも鍛冶屋が健在な地方都市もあり、鍬もハンドメイドはしているが、唐鍬しか見た事は無く、サイズや形状もそれ程の違いは無い様である。
勿論、農家でも唐鍬以外は使っているのを見た事は・・・今の所は無い。

もっとも鍬ばかりでなく、鎌や包丁、鉈や斧、各種大工道具も同様で、日本ほど道具に多種多様なバリエーションを持つ国はちょっと珍しいのではないか?と思う。
かっては鑿や玄翁(金鎚)の柄や、鉋の台などの大工道具は、店先で金属部分だけが売られていて、大工は自分好みに柄や台を自作していたのだという。
つまり店先では半製品が売られていて、買った人が自分に合わせて完成させる、という形態であったので、同じ玄翁でも大工の数だけ多様な玄翁があった訳である。
現在の若い大工でも、玄翁くらいは頭だけ買ってきて、柄は自分でコダワリの材質(白樫、牛殺し等。なんと竹製も見た事がある!)で、好みの長さと太さ、形状(内側に湾曲した柄など)に工夫してすげている人も多い。世界に一つだけの自分の手に合わせて造った、つまり自分の身体の一部なので、他人との道具の貸し借りは論外である、という世界である。

鍬に限っていえば、もしかしたら日本以外のアジア諸国では、昔から牛馬に引かせる犂(すき)による耕運が一般的であったので、人力による鍬は多様性を持たなかったのかもしれない。
日本の場合は、西日本や関東平野の大規模な営農では、中世には既に牛による耕運が普及していたらしいが、東北では明治以降になって牛馬が農耕に使役され始めたらしい。
しかし日本全体では国土の七割が森林で山がちな為に、ズブズブと腰まで沈んでしまう深田や、小規模営農、棚田に代表される小さな田んぼなど、田んぼ自体が一様でなく多様性に富んでおり、その多様性に人が合わせる為に鍬に多様性が生まれた、と言えるのかもしれない。
コトによると、多くの農民は貧しくて牛馬を買えない、養えない故に鍬が発達していった、という経済事情などもあるだろう。
それにしてもラオスやベトナムの山奥でもやはり鍬は唐鍬であったし、日本の鍬の多様性は田んぼ自体の多様性があったという前提条件があった上で、大工道具と同様に、何か日本人の「工夫好き」な民族性がそうさせているようにも思えてならないのだ。
鍬を始めとした道具類の多種多様性は、日本列島という風土の上に咲いた花、であるように思える。土地が変わればタンポポでさえ色が違う様に。
つまりその多様性こそが日本文化というやつではないだろうか。
秋岡の言う一器多様の文化論はある側面では卓見だとは思う。
しかし、一つの物が多様な機能を持つ、という本来の意味の裏側に、一つの物でも百花繚乱の多種多様な独自性を持つ、という隠された意味も俺は見出したい。
[PR]
by jhomonjin | 2010-03-16 02:15 | 道具による文化比較