21世紀の縄文人を目指す男の記録


by jhomonjin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「縄文キッズ養成講座」・・・原子の火から原始の火へ・古代の発火法を学ぶ・・・のご案内

今年も3月11日がやって来る。
2年前の3月11日は東日本大震災が発生し、原子の火が暴走を始めた日でもある。
去年はその記念日に、原始の火である縄文式の発火法を学ぶことで、今後我々はどのようにエネルギーと向き合うべきかを共に模索する機会として、和光大学の関根秀樹先生が呼びかけて各地で古代の発火法の体験イベントが行われた。
人智では制御不可能な原子の火は、便利さと引き換えにするにはあまりにもリスクが多すぎる。
ところが原始の火は、数千年来人類が制御してきた火だ。
そこの所を実際に体験することで、各自が便利さとは何であろう?と考えて貰えれば有難い。

今年の糸魚川では当日が月曜日のために、前日の3月10日に開催予定。
会場は傑作童話「ピアニャン」の著者である小川英子さんの実家である旧倉又茶舗さん。
去年は長者ケ原遺跡考古館が会場だったが、屋外だと寒いし風や湿気もあるのいで火起こしには不向きなのだ。
f0225473_22493035.jpg
キリモミ式発火法。膝に肘を当てて固定すると火きり杵がブレずに錐を回転させられる。錐を使ったことの無い人や、初心者が錐揉みすると先端がブレて摩擦効率が悪くなるから、こういった工夫をすることが愉しいのだ。

多くの発火法の体験会では、主催者が準備を整えた上で参加者は火起こしだけするというパターンが多いが、それでは「火起こし」を本当に体験したことにはならない。
そういった体験はそれなりに貴重だが、それは火起こしの工程の最後の部分だけの体験であり、「私は火起こしができる」とは言えないのだ。
最も肝心なのは発火の道具作りをすることで、発火の仕組みを理解すること。
発火道具はミリ位の誤差で発火効率が極端に変わるのから大問題なのだ。
だから今回は発火の道具作りから発火するまでの全行程を学べる内容にしたい。

f0225473_22273135.jpg
キリモミ式発火法の火きり杵は、通常はウツギや篠竹を使用。しかし使えば確実にすり減ってだんだんと使い難くくなる。そこで常時ベストの長さと直径を維持する為にソケット式に工夫した火きり杵。今回はこれを作る。

小学校や博物館などで行っている縄文体験での発火法は、江戸時代に考案された舞錐(まいきり)式発火法であることが多い。
考古学者といえども専門分野外のことは詳しくない人もいて、右に倣えで舞錐(まいきり)式発火法を指導する場合が多いようだ。
それはそれで結構だが、舞錐(まいきり)式発火法は江戸時代に考案されたという事も教えるべきと思う。
舞錐(まいきり)式発火法が古代からあるとする認識は、伊勢神宮の発火法であるから神世の昔から継承されているに違いないとする誤解が広まっていったらしいが、かっては伊勢神宮もキリモミ式発火法を採用していたし、今でもキリモミ式発火法で神事を執り行う神社もあるようだ。
ただ近年は技術的に最も簡単な発火法である舞錐(まいきり)式を採用する神社も増えているようだ。
f0225473_22501546.jpg
舞錐式発火法とは、スピンドルを上下動させて火きり杵を回転させる発火法だが、関根先生によると考案されてから200年程度とのこと。この写真は市販品。伊勢神宮仕様の舞錐セットも四万円で市販されているようだ。


因みに「縄文キッズ養成講座」は、ネーミングから子供向けイベントと思われがちだが、縄文人から見たら現代人はすべからく子孫であって、祖先の英知を学ぶという意味が込められているので大人単独の参加も歓迎。

                               記

とき  ; 3月10日(日) 午前9時~12時(開場8時半)
ところ ; 旧倉又茶舗(糸魚川市本町通り クスリのコダマの斜め向かい)
参加費; 一組500円(実費と被災者への寄付金含む)・・・家族連れは一組とします
定員  ; 先着5組
申込先;このブログに非公開コメントか、俺の連絡先を知っている人は直接コンタクトしてください。
主催;日本海縄文カヌープロジェクト

*車でお越しの場合は、糸魚川信用組合本町支店駐車場に駐車可能です
*詳細はお気軽にお問合せください。
[PR]
by jhomonjin | 2013-02-24 20:50 | 日本海縄文カヌープロジェクト